アメリカ生活 20時間ロードトリップ:モンタナ州でカルチャーショック

65
アメリカ生活 20時間ロードトリップ:モンタナ州でカルチャーショック

7月に、20時間のロードトリップに出て、巨大な自然の中を駆け抜け、3日目にモンタナ州に到着。

空が、でかい。

関連記事:アメリカ生活 先月、急遽旅に出た。片道20時間ロードトリップ!! 

夫の叔母さん宅に1週間泊めてもらいました。

思いがけず、7月15日の誕生日にはイエローストーン公園に連れてってもらい、野生のバイソン、見ました!

この週の前週あたりにたまたま、「イエローストーン公園で、バイソンに近づいた女性が攻撃されて重傷」という記事を読んだばかりだったので、慎重に、過ごしました。

この間、7月から受講し始めたTEFLの宿題に追われる日々。

ライティングを教えるクラスと、発音を教えるクラスの2つ受講してたのですが、両方とも、今までの中で断トツで宿題が多くて、めちゃくちゃ大変!

一日8時間とか、日によっては10時間以上勉強してました。

当初、3つ受講しようと思っていたのを、事務局の女性にアドバイスされて、直前に1つキャンセルしたんですが、ほんとに、よかった。

3つは、まじやばかった。

関連記事:
・日本に帰国中 父の希望、英語講師の資格(TEFL/TESOL)の勉強を再開した
・アメリカで学ぶ TEFL/TESOLの授業の最終テストを提出しました ふぅ

 

 



モンタナ州でアメリカの”自然”を実感した

さて、その後、叔母さん宅から車で4時間の場所にある夫の祖母が保有するお家(おばあさんは住んでいない)に1週間泊りました。

結婚12年目にして初めて会った義父は、山男(マウンテン・マン)。

大工とかハンディマンとして70歳になった今でも活躍中。

キャンプしてたら、夜中にテントに熊が近づいてきたので、銃握りしめてじっとしてたら、幸い熊は去っていった、とか、

1人で山で狩りをしてたら、熊に遭遇して、仕留めてトラックに引きずっていたら、トラックの近くに別の熊が仁王立ちしてた!
22時過ぎてて暗かったから、怖かったな~、とか。

この辺りのトレッキングコースの入口には、「熊対策として、ベアスプレーか銃を持つこと」と書かれています。

「ベアスプレーはどのくらい効果があるか?」と聞くと、

「ヘアスプレー並で、全く効果はない。」とのこと・・。

トレッキングも、命がけですね。

「日本では銃の保有は違法なの。」と義父に言うと、

「???銃、買えないの?ショップ、ないの?」と、しばし意味が分からなかった模様。

「違法だから、ショップはない。」と言うと、文字通り目を真ん丸にしてものすごく驚いてました

ここでは、銃は日常的で、ざざっと無造作に車に持ち込めることに、びっくり。

イエローストーン公園より、義父の家の庭とか近所のほうがまさに大自然という感じ。

庭には小川が流れてて、馬を2頭飼ってて、普通にシカやタヌキや鴨がひょろひょろと顔を出します。

庭の巨木たちも、義父が自分で植えて手入れしてて、必要に応じて切り倒したりしてる。(1人で・・)

そんな自然いっぱいの環境ですが、義父いわく、10年くらい前までは、人口が少なかったから湖とか貸し切り状態だったのに、最近では人が増えてしまって、もっと田舎に引っ越したいと。

70歳の義父と、73歳の奥様の2人暮らしだけど、なんかめちゃ逞しいなあ、と感じました~。

関連記事:

アメリカ生活 先月、急遽旅に出た。片道20時間ロードトリップ!! 

・日本に帰国中 父の希望、英語講師の資格(TEFL/TESOL)の勉強を再開した

・アメリカで学ぶ TEFL/TESOLの授業の最終テストを提出しました ふぅ

・アメリカで英語で学ぶ TEFL/TESOLの「英文の構造に関する分析」はこんな感じ

・アメリカで英語で学ぶ TEFL/TESOLの「言語の教授・学習に関する理論と方法論」

・アメリカで英語で学ぶ 今受けてる英語講師の資格(TEFL/TESOL)をご紹介