アメリカ生活 ワクチンの副反応に驚き&夫の兄宅で緑の癒し&マスク不要に喜ぶ

62
アメリカ生活 ワクチンの副反応に驚き&夫の兄宅で緑の癒し&マスク不要に喜ぶ

昨日も今日も雪!!!!

せっかく庭の木にピンクの花が満開だったのに・・。涙

昨日も今日も雪です!  せっかく庭の木にピンクの花が満開だったのに・・。涙


夫の兄宅@北カリフォルニアから帰ってきた先週月曜日は、モンタナもぽかぽか春の陽気で、「もうダウンジャケットは要らないだろうー」と、冬服を全部しまいました。

が、翌日からずずずいっと冷え込んで、なんと雪!!

その後先週はずっと寒くて、雪がぱらつく日々でした。

さらに今週末はがっつり雪!

見てる分にはきれいでいいんですけどね~。


さて、9日日曜日にワクチンを打ちましたが、その夜ベッドに入ってから、一気に発熱。


関連記事:アメリカ生活 早朝ヨガ講義で執着について思いを馳せながらコロナワクチン接種会場へ

どっかに隠れてたスイッチを押してしまったかのように、数秒でぐわーーーっと熱が出たのがわかりました。

その前から少し全身に鈍痛を感じてましたが、熱とともに、特に頭痛と顔面痛がひどくなり、びっくり。

朝までに治ることを祈りつつ、ちょっと痛くて寝られないので、いやいやながら鎮痛剤を飲みました。

で、翌朝、おお、かなり回復したな~ちょっと微熱っぽいから、念のため熱を測ってみると、38度3分。

げ、これ、昨晩40度あったかもな・・。


「健康体な人は副反応が出やすいかも」と、ワクチンの副反応結構出たよっていう友達から聞いてて、11時に打った後、夜までなーんの反応もなかったので、「おかしいなあ、健康だと思うのだが。」とちょい心配してました。

なので、まあ逆に副反応出て安心したんですが、その後、月曜火曜と頭痛と顔面痛と微熱が続き、全身の倦怠感もすべて治まったのは、水曜日。

木曜日から、夫の兄が住む北カリフォルニアに行く予定だったので、余裕見てワクチン打ったつもりが、結構ギリギリでした。

その間、夫は夫でなんかしばらく「杉の花粉症が出た」と、鼻水が止まらない、はまだしも、途中からゲホゲホ咳込むことが多くなり、「コロナじゃないか?兄宅に行くのはやめたほうがいいのでは?」という状況でした。

そうだった、しかも、手で押さえたりもしないでゲホゲホゲホゲホしてるからまじでキレたんだった。


ただ、現実的には、お兄さんが映画のチケット買った、とか、ワイナリーがどうの、と色々と手配してくれていて、「は?!カリフォルニアで映画館なんて行きたくないんですけど!」と密かに思いつつ、まあドタキャンは無理だな、と覚悟。

さらに、兄と言っても夫の家庭の事情で、お互いに存在を知ったのは20年前で、直接会ったのは数回というレベルで、私は今回初だし、まあ、できるだけドタキャンは避けたい。(けど、ゲホゲホしてるほうがやばいよね特にこの時期。)


幸いなことに、夫は道中、杉林のモンタナ過ぎた辺りからピタッと体調復活したので、まさかのほんとに杉花粉だったっぽい。

でも、花粉症ってあんなにずーっと咳が続いたりするんですかね。ぶつぶつ。

ちなみに車で途中通過した、アイダホ州とネバダ州では、建物内でもマスク不要になってて、おおおおおおお!!いつの間に!!すごい新鮮でした。

お兄さん宅のベランダからの眺めが絶景で、なんだか久々に緑に囲まれ、ほっと一息でした。

緑はいいですね~。気候も20度くらいで、爽やか。

ちょうど真正面に夕陽が沈み、なんとも贅沢な時間を過ごしました。

アメリカ生活 ワクチンの副反応に驚き&夫の兄宅で緑の癒し&マスク不要に喜ぶ


ちなみに、今朝、最寄りのスーパー行ったら、マスク不要になってました!きゃああ。すごい!良くやった!