アメリカ生活 中秋の名月どころではなく、熱波にもまれながら荷造りしてます

46
アメリカ生活 中秋の名月どころではなく、熱波にもまれながら荷造りしてます

日本では中秋の名月!で盛り上がってるようですが、こちら、あ、暑い・・・。

ここんとこ毎日、日の出とともに一気に40度近くまで上がってます。

日本とくらべて日差しが強いから、体感温度はもっと高い。

ずっと毎朝近所を散歩してたのに身体が拒否。(ちょっとおおげさか?なんか身体が重くて歩きたくない)

読みたい本とか、考えたいこととか、見たい動画とか、諸々あるものの、なんか気もそぞろというか、手につかない今日このごろ。

なんでだ?と考えてみたところ、

コロナで外に出なくなったから体力・気力が落ちた?
体重が増えたから動きがにぶくなった?
年齢のせいで疲れやすくなった?

たぶんすべて当てはまるのと、あとは、暑さもあるかもなあ~、と。

この夏は、特に暑かったのか、クーラーつける家が多いから電力が不足して、なんと輪番停電!
我が家も何回か停電しました。(うちはクーラー嫌いだから使ってないのに!)

日中やってくれりゃいいのに、夕方6時30分から1時間くらいとか、まさに夕飯の仕度時間に。

なにげに人生で停電ってそんなに経験してなくて、しっかり記憶にあるのが、大学のゼミ旅行で行ったホーチミンでの停電(これは怖かった)と、東日本大震災の直後の輪番停電の2回だから、今回3回目。



モンタナ州への引っ越し準備


こないだモンタナに家探しに行く前に、10月13日に引っ越し屋さんを予約してました。

関連記事:アメリカ生活 8月末からまたモンタナ州訪問してます

これまでに、家を探して、できれば夫の仕事も見つけて、というプラン。

その後、帰り道に炭鉱の町ビュートに足をのばし、家に戻り、粛々と死について学んでいたそのときに、夫に、モンタナ州立大学から電話が!

関連記事:
・アメリカ生活 モンタナ州の、鉱山で栄えた歴史の町ビュートを訪れました

・アメリカ生活 gacco現代の日本における死についての講座を終えて、思うこと

大学の正職員の職を得ました!ナイス!!

で、仕事開始日が、なんと電話もらった日から11日後の10月5日。

あらま、引っ越し予定前じゃん、早!

ということで、夫は1日に1人で車でモンタナに向かい、私は13日の引っ越しに立ち合って、友人宅に1泊して翌日14日に飛行機で向かうことにしました。

まだ新居の手続きが済んでないので、夫はしばし叔母さん宅で過ごします。

手続きに結構時間かかってて、もしかしたら私もしばらく叔母さん宅で過ごさなくちゃいけないかも、と。

そうなると、家具やらなにやらを新居に運ぶのに、現地で引越屋さん雇わなきゃいけない・・。
手続きよ、早く終わってくれ~。

きゃほーひとときの一人暮らし!完全自由ののびのび生活!

サーフィンしまくるぞ~、なんて思ってたけど、昨日は2時間でたった1本しか乗れなかったし、若干風邪ひいたっぽい。トホホ。

今日は大事をとって海は行かず、朝からヨガして、家の家具磨きと、フローリング磨きに精を出しました。

うきうきと朝から羽毛布団をベランダで干してたら、ものすごい熱さに!
今夜は布団つかえないな・・。苦笑

やはり少し、熱波に脳がやられた模様。

関連記事:
・アメリカ生活 モンタナ州の、鉱山で栄えた歴史の町ビュートを訪れました

・アメリカ生活 gacco現代の日本における死についての講座を終えて、思うこと