アメリカ自宅待機6日目 アメリカを理解しようcoursera(コーセラ)おすすめコース

61
アメリカ自宅待機6日目 アメリカで起こっていることを理解したくてcoursera(コーセラ)おすすめコース

アメリカでは、なんだかいろんなことが起きています。

日本に滞在中も、アメリカでのデモや暴動の動画を見ていて、ほんとにアメリカで再度暮らし始められるのだろうか、と漠然と思っていました。

関連記事:6ヶ月間の日本滞在を終えて、すんなり無事にアメリカに戻りました

が、なぜこうも収束されないのか?どんな社会を目指しているのか?などなどなどなど、てんで理解できず。。

夫に、「アメリカで、すごいことが起きている」
「オレゴン州で、トマス・ジェファソンの銅像が倒された」と、神妙に言われても、「????」

分からん。
「誰が壊した?」「どうして?」「それがどんな意味を持つのか?」

ざざっと、彼の自論を説明してもらったけれど、、頭の中で、必死で少し知っている知識の点と点、がまったく繋がらない!

彼は日本語は苦手だけれど、日本の歴史や政治や文化について詳しくて、特に日本に住んでいた時には、なんの違和感なく、毎日、そんな話をしていました。

「まあ、日本に住みたくて住んでるんだから、日本の歴史や政治とかに興味を持っているのは、まあ、そうよね」と、のほほーんと。

が、どうなの?アメリカに住み始めた私、アメリカについて、何も知らない・・。
とまた、ここに戻る。

関連記事:アメリカで英語で学ぶ  アメリカのことをどれだけ知ってる?

そうね、2年前にも、同じことを感じてた・・・。



coursera(コーセラ)でアメリカを学ぶのにおすすめコース


なんて話を、サンフランシスコで医療ナースプラクティショナーとして活躍してる友人とガサガサやり取りしてて、コーセラでなんか学んでみよう、と。

いくつか見つけました~

1.Age of Jefferson (トマス・ジェファソンの時代)

これは、ドンピシャ。

「オレゴン州で、トマス・ジェファソンの銅像が倒された」ということの意味合いを知りたかったのがそもそもだから。

https://www.coursera.org/learn/ageofjefferson

さっそく、今日、1週間分のクラスを受講してみました。

教授の、トマス・ジェファソンへの愛(?)がよく伝わってきて、学んだ感あり。(←いつもながら自分に甘い私)

でも、この講座を受講中に、さらに、教授(と夫)が言ってる「民主主義Democracy」の定義を理解したく、他の講座も探してみました。

2.Inequality and Democracy (不平等と民主主義)

www.coursera.org/learn/inequality-and-democracy

最初のオリエンテーションを聴いたけど、良さそうなので、明日から受講しよう。

3.Revolutionary Ideas: Utility, Justice, Equality, Freedom

www.coursera.org/learn/revolutionary-ideas-utility-justice-equality-freedom

こちらは、第二弾があるので、人気講座なんでしょうね。

4.Race and Cultural Diversity in American Life and History

www.coursera.org/learn/race-cultural-diversity-american-life

意外と、人種とか多様性についての講座を見つけられませんでした。
やっと見つけたのがこの講座。

アメリカに住んでるんだから、少しはアメリカのことを知らないと・・。

為さざる罪・・・・父の座右の銘であって、私のじゃないんだけれどね。トホホホ

頑張ります!

関連記事:
・日本に帰国中 膵臓癌で亡くなった父:彼の座右の銘「為さざる罪」を考えてみる

・アメリカで英語で学ぶ  アメリカのことをどれだけ知ってる?

・6ヶ月間の日本滞在を終えて、すんなり無事にアメリカに戻りました