英語でコーチングを受けて学んだ:テーマは「日本人補習校での教え方を向上させるには?」

81
コーチングを受けました テーマは「日本人補習校での教え方を向上させるには?」

コーチングをやっている友達が、このたび、なんかのステータスを取るために、英語でコーチングをしなくてはならないとのことで、時間とってもらえない?と連絡がきました。

え?!ずっと前にカナダでコーチングライセンス取得してるのに、なぜ今さら・・?

ああ、こないだ、所属してるコーチの組織を代表して、ダブリンで開催されたカンファレンスに参加してきたって話を聞いてたので、なんかそれがらみなのかなあと思いつつ。

こちらはTEFLの最終試験直前だったこともあり、詳しく状況を聞かないまま、いつもいつもお世話になってる彼女からの依頼なので、即答でもちろん、と。

し・か・し、テーマを何にするかという話になると、「いちばん気になっていること」とか「話したいことなら、何でもいいよ」と。

直感や感覚・フィーリングを大事にしつつ、素敵な感じに人生を堪能している彼女らしい返答ではあるんですが。

でもさ、録音して、上層部に送るって言ってたよね・・・?!
コーチングのステータス(って、詳細はよく分かんないけど)取るんだから、それなりにちゃんとした内容じゃないといけないよねきっと・・。ぶつぶつ。



コーチングのテーマに悩む・・・


もともと彼女とは、2011年にテンプル大学で受講した授業のクラスメート。

関連記事:日本で英語で学ぶ 社会人に絶賛おすすめテンプル大学の生涯教育プログラム

授業中にそんなに話した記憶はないんですが、先生が、授業の後にワイン飲みに生徒を誘ってくれてました。
そのワイン会の固定メンバーだったんですね。
性格も行動も、真逆まではいかないけど、150度くらい違う私達。(共通点はワイン好きってことか)

フリーランスのコーチから、世界ベースのホスピタリティ企業のトレーナーに転身した彼女。
文字通りキャリアウーマンとして、いっつも猛烈な移動距離を繰り広げている多忙な彼女とは、頻繁に会えるわけではなかったけど、久々に合うと話が止まらなくなり、話したりなさ満載の状態でお開きになるのが常。

んで、久しぶりに話すのに、「話したいことなんでもいい。」は危険だよなー。
時間は30分程度、っていうはなしだし。

むむぅ。

とりあえず、3つテーマを絞り出してみました。
①腰痛改善!(←ただいま最重要の課題)
②日本人補習校での教え方を向上させるには?
③英語の教え方を上達させるには?

これを、コーチング開始5分前に、彼女にラインで送り付けました。
(こっちの時間で17時からで、のんびりスーパーに買い物に行き、帰宅がぎりぎりになってしまい・・・。)

プロのコーチングはすごかった

コーチングを受けました テーマは「日本人補習校での教え方を向上させるには?」
さて、最初10分くらいで、近況報告がてら、テーマを決めました。
腰痛改善は、原因が幅広いので、テーマとして大きすぎるなあ、ってことで、②の日本人学校での教え方の向上にしました。

こっから、30分、質疑応答、彼女がサマリーしてくれる、を繰り返していくうちに、びっくりするくらい頭が整理されたことを実感。

自分1人で考えてたんじゃ、絶対出てこないような言葉が自分の中から引っ張り出されたりして。

相当一気に整理整頓されて、次のアクションもばっちり決まりました。

気分も、キリンレモンレベルにすっきり爽快!!

やっぱり、腕利きのプロのコーチって、ほんとに、すごいわぁーと、改めて尊敬の念が深まりました。

のんびり期間中にやりたいことリストを作り始めた 可視化って大事


コーチング中に、われながら思わず失笑してしまったのは、「TEFL/TESOLで学んだことを、授業に取り入れていきたい」とのわたしの発言に対し、「何を学びましたか?」と質問され。

一瞬言葉に詰まったあげく、私の答えは・・・「えっと、いろんなこと!」「すごいたくさん役に立つこと!」(笑)

ものすごい時間とエネルギーを投入して勉強し、成績Aを取ったのに、この質問の答えにこたえられなかった・・・
(言い訳すると、学んだことを数分で整理して話せる気がしなかったため、断念することに決めた。)

関連記事:
アメリカで英語で学ぶ TEFL/TESOLの「言語の教授・学習に関する理論と方法論」
アメリカで学ぶ TEFL/TESOLの授業の最終テストを提出しました ふぅ

今日、こののんびり期間にやりたいことリストを作り始めたんですが、「TEFL/TESOLで学んだことを、日本人学校で実践できるような形に整理する」もあげました。

その他、腰痛対応として、カイロプラクティックに行く。

リストにあげると、もう予約入れちゃえというモードに入り(←紙に書き出す前は、まあいつか行けたらいいな、って気分だったんですが)人気なので、今月中に診てもらうのは厳しいかなーと思いながらダメ元で来週火曜日の午前中、とメールすると、最初は「空きがない」と。

その後、なんどかメールをやり取りするうちに、「たった今、火曜日の午前中にキャンセルが出ました!」ラッキ~~すごいタイミング!!!

可視化するのって、大事ですね~。(人によると思いますが、私の場合は必須)
裏紙に書きなぐったリストを、明日、カテゴリごとに整理しよっと。

関連記事:
日本で英語で学ぶ 社会人に絶賛おすすめテンプル大学の生涯教育プログラム
アメリカで英語で学ぶ TEFL/TESOLの「言語の教授・学習に関する理論と方法論」
アメリカで学ぶ TEFL/TESOLの授業の最終テストを提出しました ふぅ