アメリカ生活 アメリカ人の高いディスカッション力は学校で習うからではないかも

61

アメリカ人は、小さい頃から学校でディスカッションやプレゼンテーションをしっかり習うから、皆さんお上手なんだ、とよく聞くし、そう思ってました。

もちろん学校での教育も大きな理由だとは思いますが、学校に通う前の家庭や社会での育ち方というか育て方も影響しているのではと感じてます。

そもそも、「学校で習った」からといって、全員がしっかり身に付けられるとは限らないですよねー。

例えば、私は小学校から高校2年までみっちり数学を学校で習ってました(高校3年でも1つくらい必修だったかも)が、今ではもはや、何を習ったかさえ覚えてません。
微分積分とやらも習いましたが、微分積分って何だっけ・・?

まあ、ディスカッションやプレゼンテーションとはちょっと違いますけど。
「学校で習ったから、全員上手くできる」わけではないかも。

 



アメリカ人が全員ディスカッションやプレゼンテーションが得意なわけではない

 

アメリカ人とプレゼンテーション

コミュニティカレッジで、アメリカの歴史の授業を受けていたときにも、必ずしもみんながみんなバンバン発表したり議論好きという感じでは全くありませんでした。

ちょっと意外だったんですが、先生の質問に対して、教室中がしーんとなってしまい、先生が名指しで学生を当てることもしょっちゅうでした。

授業の様子はこちら:
・アメリカで英語で学ぶ コミュニティカレッジの”アメリカ歴史”授業2回目
・アメリカで英語で学ぶ コミュニティカレッジの”アメリカ歴史”授業1回目

名指しされた学生も、皆が皆しっかり回答できるわけではなく、明らかに緊張しながら必死で回答する学生もいるし、声が小さくて何を言ってるのか聞こえず先生から「もう少し大きな声で」と促される学生もいました。
(留学生で英語が苦手だからというわけではなく、明らかにアメリカ人学生)

 

よく発言する補習校の生徒たちにディスカッションについて聞いてみた

 

アメリカ授業の様子

補習校で教えている2人の生徒に、ディスカッションとかプレゼンテーションを習ったか?と聞いてみました。

2人が通っている学校(別々)では、特に習ってないとのこと。

「あなたたちは自分の意見をよく発表できるのは、学校で習ったからかと思ってたわー」と言うと。

「僕は生まれつき。(笑)お母さんに、そんなに意見言うのが好きなら弁護士にでもなれ、ってからかわれる」

「僕もそう!」

なるほどー。
やっぱり、必ずしも、学校で習ったからというわけではなさそうです。

 

補習校での雑談:幼稚園児が普通に口答えしてくるそうな

 

アメリカの幼稚園児は口答え

授業前に、週末何をしていたか話してたときに、1人の生徒が、ボランティアで地元の幼稚園のイベントのガードマンをしたとのこと。

「幼稚園児だったら、みんな可愛かったでしょう~?」と言うと、

「いや全然。日本人の幼稚園児は可愛いかもね。
でも、こっちの幼稚園児は口答えしてくる子が普通にいるから、ムカッとすることもあるよ。

例えば、“危ないからもっとこっちに寄って”って言うと、“なぜあなたの言うことを聞かなきゃいけないの?あなたは私のお母さんではないよね?”とか、“どのように危ないか説明して”とか、普通に言ってくる。」

「なんと!周りの大人は、口答えするなって怒ったりしないの?」

「基本的にはしない。ちゃんと回答する感じかなー。
でも、僕はもう面倒臭くて、こっそり怖い顔して睨みつけて強引に誘導したけどね。」と。
その気持ちはよく分かるなぶつぶつ。

小さい頃から、何かにつけて自分の意見や屁理屈を言う子が、そのまま学校でもディスカッションやディベート好きになるのかもな~って。

または、もともとは苦手だけど、必要に迫られて努力したか、なんでしょうね。

アメリカ生活 アメリカ人のディスカッション力は学校で習うからできるわけではないのかも まとめ

1.アメリカ人が全員ディスカッションやプレゼンテーションが得意なわけではない
2.よく発言する補習校の生徒たちにディスカッションについて聞いてみた
3.補習校での雑談:幼稚園児が普通に口答えしてくるそうな

関連記事:
・アメリカで英語で学ぶ コミュニティカレッジの”アメリカ歴史”授業2回目
・アメリカで英語で学ぶ コミュニティカレッジの”アメリカ歴史”授業1回目