アメリカ生活 50代の男女の恋愛にほっこりした件

203
アメリカ生活 50代の男女の恋愛にほっこりした件

コミュニティカレッジの“アメリカの歴史”授業、今日のテーマは“奴隷制度”。
みっちり3時間受けた後は、もう疲労困憊・・・・。

自分にひどいことや悪いことをしていない人間に対して、こうも残酷なことができるのか・・・。
本当に恐ろしく、胸が苦しくなりました。

さらに、昨夜、予習としてクエンティンタランティーノの奴隷の映画“ジャンゴ”を見ていたこともありもうお腹いっぱい~。

この映画自体はとてもおすすめなので、ご興味ある方はぜひ見てみてくださいね。

さて、授業の後、少し重い足取りで、歯医者に虫歯の治療に向かいました。

 



歯医者の待合室に貼られたアフリカの子供たちの目に吸い込まれそうに

 

歯医者の入り口と、待合室の壁に、先生がボランティアで行ってきたアフリカの子供たちとの大きなパネルが3枚貼られてました。

関連記事:アメリカ生活 元ベトナム難民だった歯医者さんの人生にもらい泣きした件

アフリカの子供たちの力強い大きな黒目をじっと見つめていると、何ともひきこまれそうになります。(どうしたら、こんな可愛らしい黒人たちにひどい扱いができたのか・・・ぶつぶつ)

 

診察室の準備ができるまでの間に先生から彼氏の写真を見せつけられる

 

ふと受付を見ると、先生が会計をしていました。
なんと今日は受付係がいないようです・・。

かかってきた電話対応が終わったと思ったら、「うちで、アフリカ出発前に友達たちが集まってくらたときの写真見せてあげるね。」と、またiPhoneで次ついに写真を見せてくれました

「これ、元夫」と言って、白人の先生よりかなり年上っぽい男性を指さしました。
「今のボーイフレンドは?」と聞くと、

「きゃー!見たい?これよ、これ!すっごいキュートなのよ~!たくさんあるわよ。ほら見て見て!」と。

昔のスーパーマン役を演じていた俳優にちょっと似た感じの、いかにもインテリっぽい白人男性。
モデルポーズで木に寄り掛かったりしているので、心の中で、「ちょっとナルシストっぽいなあ」とつぶやきつつ、あんまりほめ過ぎるのもなにかなあ、と「そうですね!素敵ですね。」と。

「かっこいいでしょう~ ほらほら~💛💛」って目をハートマークにさせながら、写真をガンガン見せてくる先生。

 

彼との出会いのいきさつは、なんとインターネットのサイト

 

4か月前に、インターネットのサイトで、彼の写真に一目ぼれして、写真を付けてメッセージを送ったそうです。
(先生はやる気なく、プロフィールには犬の写真、偽名で登録していたそうですが・・)

そして彼から返信がきて、会うことになったといういきさつでした。

4か月前って、こんなにいつもいつも忙しそうで、アフリカ行きの準備も佳境に入っていたころなのに、どんだけパワーあるんだろう・・・。

脱帽です・・。

1回目に会った時の写真から、すでにラブラブなカップルみたいな雰囲気で、いい感じ。
彼の職業は弁護士、53歳。

「すごい進展よね!そう思わない?ふふふふ!!」って言いながら、彼のご両親に会ったときの写真も見せてもらいました。

なんともゴージャスなおうちに、なんともゴージャスかつ上品なご両親。
(私だったら、おじけづいちゃって、話せないなあ・・という雰囲気)

「ねえ、この写真と、この写真、どっちがいいかな?彼に送ってあげようっと」と、おもむろに彼氏にテキストメッセージを送り出しました。

ここで、やっと診察台が準備できていたことに気づいた先生。
(2時20分。1時50分に到着したから、先生の恋話30分も聞いてたんだ・・・)

 

診察中もうきうきメッセージのやり取りを続ける先生・・

 

さて、今日は、軽い虫歯3本を一気に治療する予定。
まずは、麻酔!!!!

軽い、って言ってた割には、こんなに麻酔すんのーーー ぎえー!
麻酔効くまでちょっと待ってね、と言いつつiPhoneをチェック。

「あ、さっきの写真への返信がきたわ!きゃー、ランチの写真もついてる!なんてキュートなの!!どうどう?」と見せてきます。

口広げられて固定されてて、なんとも返事できないんですけどね・・

「僕も君のことをちょうど考えていたときだったよ」というメッセージ。きゃーん。
ランチの写真は、青いリンゴとアボカドのおしゃれなサラダ。

まーさに、彼が食べてそう過ぎるランチ。

しかし、どんだけこの歯医者さんてばチャーミングなんだろう。
こんなに恋は盲目系の恋愛中の方って、なんか、すっごい久しぶりに見ました。
(久しぶりというか、初めて、に近いかも・・)

麻酔効いて、歯を削り始めてから、3回はiPhoneの画面を見ていました・・。

ちょっと、それだけは、怖いからやめてほしいって、次見たら言おうと決めた直後に、無事に治療終了。ほっ。

さて、こんなにガンガン恋愛と、仕事に大忙しの先生。

なんと、数か月後に、今度はネパールにボランティアで歯の治療をしに行くことにしたそうです!!

勇気づけられる、というのを超えて、なんかあまりにすごいエネルギーを見て、自分がちっぽけな人間だなああってちょっと感じてしまった日でした。

がんばろーっと。