【アメリカで就職活動】コミュニティカレッジのキャリアカウンセリング2回目の準備

106
キャリアカウンセリングの宿題

明日、コミュニティカレッジの無料キャリアカウンセリング2回目を受けに行きます。

1回目の様子はこちら:【アメリカで就職活動】コミュニティカレッジのキャリアカウンセリング1回目の記録

前回出された宿題2つを終わらせました。
実は1回目のカウンセリングが終わった直後に宿題を終わらせてました。
(モチベーション高いときにやっておいてよかった~。さきほど見直しを終えました。)

結果はこんな感じ。



1.自分にとって大事なこと探し

Dick Knowdell’s Values Card Sortが挙げている約80個の価値https://www.knowdellcardsorts.com/(有料なので残念ながらここでは公表できません)から、自分が特に大事にしている価値を10個選ぶ

●特に大事なこと(今現在)

※順不同
①世界や社会をよくすることに繋がる
②誠実、公正を重んじる
③成果、業績、功績、成し遂げること、達成すること
④上司との連携や協力関係
⑤チームワーク
⑥職場の雰囲気(冗談を言ったりすることが許される環境)
⑦組織や仕事がきちんと整理されている
⑧通勤時間
⑨ワークライフバランス
⑩継続して働ける安全性

選んだ10個を夫に見せたところ、「おお!!!これはまさに日本の組織だねえ・・豆子は移住した国を間違えたね!わはは!」と大笑い。

えー、そうか??さらに、きみ、そこ笑うとこか?! 

しかし、まあ、10年ぶりにアメリカの組織で働き始め、びっくりするような人やことがらに揉まれて右往左往している彼の発言なので、そうかもねえとちょっと納得。

ちなみに私は夫のしっちゃかめっちゃかな職場の話を聞くのが大好きで、いつも笑い転げてます。(←これは彼にとっては笑うとこじゃないか)

たしかに、アメリカで「誠実を重んじる」とか、「継続して働ける安全性」とか、相当限られている職場な感じはします。

関連記事:通販ネットショップに”世界一礼儀正しい日本人”のサンプルとして選ばれた

いいんで~す、理想は理想で。

●特に大事にしている価値(将来的に)

今は優先順位がそこまで高くないけれど、将来的には大事にしたいことがあります。

それは、

・自立的、自分で決めて思うようにすすめる
・プロフェッショナルとして自己成長の追及が重んじられる
・自己責任で自分の働く時間を決められる自由

日本で働いていたときに私にとって極めて重要だったこと。

ですが、今、アメリカで働き始めてすぐにこうだと、どうしていいのかな~って途方に暮れそうなので、少し経験積んでからかなって思ってます。

2.興味ある分野探し:180個の質問に回答する

回答しましたよー。ふぅ。長かった。

興味あるトップ3は、

  1. ポイント4 ソーシャル・社会的なこと
  2. ポイント1 進取的・積極的なこと、進取の気性に富んだこと
  3. ポイント 1 伝統的・慣習的なこと

ここから導き出される職業は、

・教育、幼児教育、家庭や家族に関する仕事
・健康や医療技術系の仕事
・公共的な仕事

これは、まあ日本にいたときから変わらないですな。なんとなく、ほっ。

明日が楽しみです!!

関連記事:“【アメリカで就職活動】コミュニティカレッジのキャリアカウンセリング1回目の記録”
     “通販ネットショップに”世界一礼儀正しい日本人”のサンプルとして選ばれた”