海外・アメリカ移住する前にこれだけはやっておくべき!3つのこと

233
しつこく連れ出す様子

アメリカに移住する前にやっておけばよかった!って実感すること3つです。



1.日本国内で行きたい場所や思い出の場所にとにかく行きまくる

お気に入りの美術館、近所のなじみの定食屋、行ってみたいと思っているレストラン、好きな宿やホテル、などなど、なんらかの思い出のある場所にはとにかく行きまくっておいたほうがいいです。

私は、まあ別に一生日本に帰ることができないわけでもないし、るるる、なんて能天気に考えていて、ぜんぜん行かなかったんです。(まあ、ビザ取得などもろもろに追い立てられていたってのもありますが・・)

が、一度海外に移住してしまうと、いざ日本に一時滞在するときに、そんなにあちこち行けるようなスケジュールを立てられない!ってことに気づきます。

なので、海外移住を予定されている方には、とにかく必死で行けるだけ行くようにスケジュールすることをおすすめします。

2.家族や友達とこれでもか!もう話すことないぜ!というほど一緒に時間を過ごす

これは、もうほんとうに、「なんかさー顔見飽きたよ~!」というほど会ったとしても、まったく足りません。

仮に1年に1回とか日本に帰ることができる恵まれた状況だとしても、人生であと何回家族や友達の顔を見られるんでしょうか・・。

移住して1年経って落ち着いてきた今、ようやくこんなことが頭をよぎるようになりました。

そんなこと最初から分かってるだろー!何言ってんだよいまさら!って声もどっからか聞こえてきますが、移住する当人にとって、移住前ってとにかくばたばたしていてちゃんと考える余裕がないもんなんですね~。(少なくとも私の場合は・・)

なので、周りに海外移住を予定している方がいる人は、ぜひその友人知人に強引にでも会ってみてください!

3.国内や海外から移住してきた人たちをしつこく連れ出す

私は中学から高校、大学、勤務先と全部東京だったため、「新しい友達や知り合いをもりもり作るぞー!」とか気合入れなくても、生まれてからずーっと自然に友達や同僚や知り合いが周りにいました。

・・・ということが、自分にとってはあまりに自然過ぎて、そうでない人たちのことを深く考えたことがなかったんですね。

社会人になってから東京で知り合った、海外・国外から移住してきた同僚や友達がいました。(きっとみなさんの周りにもいますよね)

学生ならまだしも、社会人になってから突然東京に移住してくると、かなり戸惑うことがあったんじゃないか、って、今、つ・く・づ・く感じます。

ほぼだーれも知らない地にぽつねんと移住してみて初めて実感しました。

日本でもアメリカでも、3、40代にもなると仕事に家庭に忙しかったりして、積極的に新しい友達を作りたい!っていう状況ではない人が多いと思います。

私には子供もいないし、仕事で長時間拘束されることもそれほどなかったので、なんかもっと彼女たちを連れ出せばよかった!!

もし周りにどこかから引っ越してきたり移住して来た方がいたら、しつこく連れ出すまで行かずとも、気にかけてあげてください。(←お願い)

海外・アメリカ移住する前にこれだけはやっておくべき!3つのこと まとめ

1.日本国内で行きたい場所や思い出の場所にとにかく行きまくる
2.家族や友達とこれでもか!もう話すことないぜ!というほど一緒に時間を過ごす
3.国内や海外から移住してきた人たちをしつこく連れ出す

関連記事:“アメリカ(海外)移住してみて良かったと感じること3つ”
     “アメリカ移住して大きく変わったことは?夜の過ごし方編”