アメリカでよく見かける”グルテンフリー”って何?痩せるの?効果は?

144
グルテンフリー食品

アメリカのスーパーマーケットでは、「グルテンフリー」と書かれた商品をよく目にします。うちの近所にあるいわゆる業務用スーパーででさえ見ます。

私は、アメリカに来るまで“グルテンフリー”って、見たことも聞いたこともなく、まったく知りませんでした。(知らない方も、いますよね・・?まさか私だけ・・?!)



“グルテンフリー”って何?

私がグルテンフリーという文字を始めて目にしたのは、業務用スーパーのパスタコーナー。

さも意味ありげに“Gluten free”と箱にかかれたパスタが何種類か固まって棚に並んでいました。箱のサイズが他のより小さいくせに、値段は高い!2倍位します。 (とはいっても、3ドル。日本よりずっと安いですね。)

 

オーガニックとも違うみたいだし、なんだろう?と。

トルティーヤ

あとは、袋入りのトルティーヤが大量に積み重ねられた棚にも、“Gluten free”と書かれたものがいくつかありました。こっちはさらに値段が高い!メーカーによって値段がかなり違うんですが、普通のトルティーヤの3倍~4倍します。

例えば、8枚で約5.5ドル(約630円)+消費税。高い!!(とはいえこちらも日本よりはずっと安い。)

こーんな高価な”グルテンフリー”。

さてさて、いったいなんだろう?!

調べてみると、グルテンとは“小麦などに含まれるたんぱく質の一種”のこと。”グルテンフリー”とは、グルテンを含まないという意味。グルテンフリーの食品は、そもそもは、グルテンにアレルギーを持つ方のための食事療法として開発されました。とのこと。

(ふーん・・・。たんぱく質って栄養あるし、食べたほうがよさそうに聞こえるけど・・。)

“グルテンフリー”って痩せる?!効果は?

その後しばしグルテンフリーのことは忘れ去ってました。

ふと、「アメリカに来て、すっごく太って服がきついぜ」と日本の友人にメッセージでこぼしてたところ、「グルテンフリー試してみたら?」と言われました。

ほぅ、グルテンフリーって痩せる効果もあるんだ?!試してみるかあ!

グルテンをこよなく愛する夫に見つからないように決死の覚悟で、グルテンフリーのパスタとトルティーヤをコソコソと買ってみました。

夜に食べた翌朝、胃が軽いし身体がすっきりしてる!!これなら痩せられるかも!!

コーヒー淹れる間しばしリビングを小躍り♪

しかし、淹れたてのコーヒーすすりながら冷静に考えてみると、グルテンフリーの効果というより、けちって量を減らした効果なんじゃないかと。(ザ・貧乏性で高いものって思いきり使えないたちで・・)

さらに考えを深めてみると、私は普段そんなに好んでパスタやトルティーヤを食べないことを思い出しました。

うどんが大好物で、日本の冷凍うどんは1玉では足りないので2玉一気食いしてましたが、アメリカで売ってる冷凍うどんは1玉のサイズが大きくて1玉で満足!!

うどんのグルテンフリーがあれば、痩せるかどうか試せそうですが、残念ながらグルテンフリーの冷凍うどんはない・・・。


結論としては、いまのところ、グルテンフリーで痩せるかどうかは謎に包まれたままです。

グルテンフリー食品の効果としては、私が痩せるには、まずは食べる量を減らしたほうがいい!と気づかせてくれたことです。(ありがとう!)

関連記事:“アメリカの小麦粉って・・日本の「強力粉」と「薄力粉」はアメリカで何ていうの?!”