アメリカでできる・やりたい仕事がない!そんなあなたにおすすめ就職活動

157
海外での就職活動に絶望する様子

「アメリカで、就職活動って、なにをどうすればいいの・・・?」
「私の英語力じゃ、アメリカの会社や組織で働くって、絶対無理・・・。」
「アメリカの大学も出ていないし、いまさら、どうやって仕事見つけられるの・・・?」

求人サイトを見ても、いまいち自分ができそう・やりたい仕事を見つけられず・・・。
(見つけられないというより、そもそも、今ここでどんな仕事をしたいか、まったく思い浮かばず・・・)

途方に暮れ果てるのにも疲れた今日この頃のわたし。とほほ。

「できる仕事がない・・」「やりたい仕事もない・・」って自分にシラケたり、嫌気がさしたり、絶望したりしている方、

できることとかやりたいことではなくって、「(少しでも)気持ちよく過ごせる」「ここで時間を過ごせたらいいなあ」って思える場所を探してみてもいいかもしれません。

例えば私の場合・・・



アメリカのコミュニティカレッジでキャリアカウンセリングを受ける

コミュニティカレッジでキャリアカウンセリングを受ける様子

地域のコミュニティカレッジ(アメリカ公立の2年制大学)好きな私。
勉強が好きというより、綺麗に手入れされた中庭をレンガ造りの建物が囲んでいる、開放的で落ち着いた空間が、とても心地いいのです。

ここで、キャリアカウンセリングを受けることにしました!

先月から、半年ぶりに通い始めたコミュニティカレッジの英語ESL (English as a Second Language)の授業の後、廊下の掲示板に貼ってあるお知らせやチラシをくまなく見ていたところ、無料キャリアカウンセリングのチラシを発見!

「やっぱりアメリカって、情報は与えてもらえなくて、自分から取りにいくものなのね~」と、iPhoneで激写。

事前予約不要で、指定日の8時30分から3時の間にふらっと行けばいいらしい。気軽ですね~ 若干気軽過ぎる感ありですね。

行ってみて長蛇の列だったらどうすりゃいいんだ、なんて、気づくとまた独り言をぶつぶつ・・。

アメリカでキャリアカウンセリングを受ける目的を考える

さて、私はカウンセリングを受けて、どうしたいんだ・・?(えっ?!)

無料でカウンセリングを受けられるチラシを発見したことに有頂天になっていましたが、いざ、何を相談すればいいのか?!

うーーーーむ・・。

えいや、で、「私がこのカレッジの職員として働くには、どうすればよいかを知る」をカウンセリングの目的としました。

やりたいことややれることを見つけられないので、もう、なんでもいいから「自分が好きな場所で働く」のもありかと。

アメリカで前向きに就職活動してみようと決めたきっかけは2人の女性

私の場合、夫からの激しいダメ出し心優しいアドバイス、

「豆子の英語力じゃアメリカの会社や大学で働くのは無理」
「アメリカ人は信用できない人が多いし、豆子は日本人と働くのがいいよ」
「在宅でやれる仕事を探すのがいいよ」

などなどと、ずっと断言されつづけてきて、自分でも、そうだよね~アメリカで就職なんて無理だよね~って諦めてました。(ここで、「よーし英語の勉強頑張るぞ!」って奮起するパワーを持っていないのが我ながら残念ですが、ないものはしかたありません)

しかし、最近出会った2人の女性を見て、もしかしたら、私でもアメリカで働けるかも、と希望を感じました。

1人は、チェコスロバキアからアメリカに8年前に移住してきた40代の女性。
アメリカの州立大学でフルタイム職員として働いています。最初は、大学でボランティアをすることから始め、少しずつ校内に知り合いを作ったり、自分のできることややりたいことを明確にしていって、ついに本採用にいたったそうです。

「時間はかかるわよ。でも、それはしかたないわ。」とにこやかに。

自国を20年前に出て、イギリスでナニー(母親に代わって子育てをする女性)として働くプログラムでイギリスに数年滞在し、その後、カナダのNPOで事務スタッフとして働くプログラムでカナダに移り、今のアメリカ人のご主人と出会って、アメリカに移住されました。

もう1人は、先月、ELS事務所で働いているのを見かけた、昨年クラスメートだったイラン人の50代後半位の女性。

授業中によく息子さん達の話をされていたのが印象的で、なんとなく勝手に、彼女が働きたいと思っていたことが意外で、驚きとともに、かなりの勇気をもらいました。

日本にいたときは、周りの人と比べることがほとんどなく、やりたい放題マイペースに生きてきましたが、アメリカに来てから、周りの人と比べてみたり、頑張っている人から勇気をもらったりすることが増えてました。

アメリカでできる・やりたい仕事がない!そんなあなたにおすすめ就職活動 まとめ


アメリカで、「できる仕事がない・・」「やりたい仕事もない・・」って鬱鬱としていたり、悩みまくっている場合、ちょっと視点を変えて、
できることとかやりたいことではなくって、”自分が少しでも居心地がいいと感じられる場所”、”ここで時間を過ごせたらいいなあって思える場所”を探してみてもいいかもしれません。

私もいまこれからですが、あきらめずにご一緒にがんばりましょう!

関連記事:“【アメリカで就職活動】コミュニティカレッジのキャリアカウンセリング1回目の記録”