アメリカ生活 最近はまってること、ガーデニングと家庭菜園

63
アメリカ生活 最近はまってること、ガーデニングと家庭菜園

最近、朝起きて、カーテンからちらっと庭の花とバジルとトマトの状況をチェックするのが日課。

なんて素敵!

ちなみに、おととい埋めたオクラの種が、芽を出してないか、数時間ごとに見に行ってるのは、我ながら笑える。

どんだけ短気なの!

さて、そんな中、今朝は、コーヒー飲んで、朝ごはん食べて、朝7時30分に家を出て、初めてのハイキングコースへ行ってきました。

それほど期待してなかったんですが、もりもり緑が濃くて、人がほとんどいなくて、大正解。

最近はまってたカーテン作りは惜しまれながら完了し、

ここしばらく熱中してたカーテン作りは、すべて作り切ってしまいまして。

関連記事:
・アメリカ生活 3連休はカーテン布決めと雑草抜き

・アメリカ生活 カーテン作りしながらアンガーマネジメントについて思う

布がちょっと余ってるので、なんかに使いたいなあ、と作るもの探してました。

結局、職場モンテッソーリスクールで使う、ウォーターボトル2本を置く敷物を作ることに。

表:カーテン生地のあまりと、裏:着ないネルシャツの生地↓

写真だと小さく見えるけど、結構大きめ。

夏っぽくていい感じ。

冬はまた違う布で作ろう。

次なる楽し事は、家庭菜園とガーデニング

家庭菜園は、ネットで、種を注文して、到着を待ってるところです。

何を注文したんだったかな。るるる~。

アメリカ、ネット通販で頼んだものが、しばらーーく経ってから届くため、何を注文して待ってるところなのか、忘れたことに今気づいた。

関連記事:アメリカ通販ネットショップに”世界一礼儀正しい日本人”のサンプルとして選ばれた

青じそ、水菜、小松菜、ルッコラ2種類でした。

ここは夏が短いんだからのろのろしてないで早く送ってくれ!いつ届くかな~。(がんばって寛容な心を持つようにしてるわたし。えらい。


さて、こないだ、近所の村、マンハッタン(人口2,000人)に遊びに行ったんですが、ガーデンセンターを発見。


この村には何度か来たことあるんですが、まったく視界に入ってなかった。

ほんと、人間の目はあてになりませんね。

関連記事:アメリカでサーフィン 意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。



こんな風に作ってみるのも楽しそう。



このあおむらさきの花、色がきれいだなあ、来年育てたいなあ、と写真撮って帰ってきました。

そしたら、久々に買い物で通りかかったうちのすぐそばの空き地にはかなげながらももさっと生えてるではないか!

そうか、この花雑草なんだ、ちょっともらってきたいなあ、と思ったものの、その日はかばん持ってなかったので断念

(という発想に、昔、母が近所で見つけた綺麗な花を夜中にこっそり花ばさみ持って出かけ、切って持ち帰って来てたのを見て、すごいなこの人、と幼心に感じてたことを思い出しました。今ごろになって遺伝した模様。)

たまたま翌日買い物帰りに通りかかったら、なんと、辺り一帯の雑草が刈り取られてしまってて。

これはいかん、と、難を逃れた数本の花を、根っこから引き抜いて救出し、家に持ち帰りました。

(シャベル持ってなかったから、根っこが途中で切れてしまったので、ほんとに救出しきれるかは微妙。残念だけどしかたがない。)

あと、黄色いコスモスっぽい花の綿毛を空き地から持ち帰って、庭に埋めてみました。

このままいくと、ネット注文した種が届く前に、庭が、雑草で埋め尽くされるかもな。

関連記事:アメリカ生活 モンテッソーリで春のティーパーティーと念願のガーデニング