木曜日, 5月 19, 2022

アメリカ生活 人混みと花粉に揉まれながら、失効した運転免許を再発行しました

春ですね~。あたたかい!

今日、二俣川にある神奈川県運転免許センターに、失効中の免許を再発行しに行ってきました。

今週月曜日に、妹が車を出してくれたのですが、免許センターがまさかの激混みで、11時から仕事予定のあった妹のスケジュール的に無理で、泣く泣く出直すことに。

受付時間が、朝8時30分~9時、13時~13時30分、と1日に30分×2回しかないので、なんとなく、対象者はあまりいないのだろうとたかをくくり過ぎてました。

免許が期限切れてるのに気づいたのはほんとにたまたま、日本に来る前に、なんの気なしに日本の運転免許証を見てみると、期限が平成33年8月15日。

うむ、平成33年って、いつだろう?と調べてみると、なんと2021年!去年じゃんか!きゃー。

免許取り直しってことになると、簡単に試験合格する気がしない!なんとかしなくては!!

慌てて調べてみると、すごい救済措置を発見。

運転免許証の有効期間を経過した場合(失効)の手続について

ほーっよかった、なんとかなりそう。

関連記事:アメリカ生活 夫の叔父がコロナで亡くなり、からの日本帰国に向けたどたばた準備

さて、昨夜、出雲旅行から戻った後、眠い目をこすりつつ(美味しい沖縄の黒糖梅酒も飲みつつ)しっかりと準備。

朝10時に出る計画だったのを、9時40分と、前倒しで出発するほどの気合のいれようで、免許センターに出向きました。

いやーしかし、平日のこんな時間のバスも電車も駅も、すごい人混みでびっくり!

免許センターは当然、すごい人。

45分前に着いて、受付番号2番!素晴らしい!

アメリカで生活するようになってから、なんか慎重に、途中でトラブル発生するのを見越して動く習慣ができてるなあ、とつくづく実感。

関連記事:
・アメリカ移住して大きく変わったことは?夜の過ごし方編

・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた

・アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように

・アメリカ移住 アメリカナイズしたなあと感じることは?スーパーで卵の殻を・・


なのか、もしかしたら、今初めて思ったけど、なにかと時間前行動派の父母に似てきたという案もあり。

いつもいつも父と母は勝手に待ち合わせよりかなり前に到着し、時間どおりの妹と私に、「遅いー!!」と罵声を浴びせてました。

また、旅行に行くときは、遅くとも1週間前には荷造りと準備完了。(準備って言っても、車にガソリン入れるとかで、今回の私のような準備はなし。)

関連記事:アメリカ生活 夫の叔父がコロナで亡くなり、からの日本帰国に向けたどたばた準備


さて、免許の再取得は順調に進み、想定より早めに免許もらえたので、旅で身体が重くなってデトックスを昨夜誓ったのにも関わらず、横浜のそごうで大好物のトップスのチーズケーキを買ってきました。

トップスって、父が昔働いてた会社のビルに入ってたようで、お祝いとか高熱出したときなんかに買ってきてもらってた思い出の一品。

父の命日ホワイトデーまで後3日。

関連記事:
・日本に帰国中 膵臓癌父が、まさかの大雪ホワイトデーに亡くなりました。

・アメリカ生活 父が亡くなって丸1年。今でも父のこの世への執着を感じる件

ケーキの袋(ケーキは冷蔵庫へ)を、父にお供えしてみました。

ちなみに他には、ハーシーのチョコとノザキのコンビーフ。

ゴルフの服部道子さんの大ファンだったので、彼女の本「好転力」も。



関連記事:
・アメリカ移住して大きく変わったことは?夜の過ごし方編

・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた

・アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように

・アメリカ移住 アメリカナイズしたなあと感じることは?スーパーで卵の殻を・・














 

 

 

最近の記事