日曜日, 12月 4, 2022
Pocket

Ooops... Error 404

Sorry, but the page you are looking for doesn't exist.

アメリカ生活 ささやかな達成感のIkigaiと、平安貴族のハイコンテクスト文化

アメリカの感謝祭も終わり、と思ったら、胃腸ウィルスにやられてダウン。 先週、今週と、職場モンテッソーリのクラスの子どもたちが部屋でおもむろに嘔吐したのを掃除したときに、感染したのか?うかつだったな、とほほ。さて、Ikigaiについて、わーなるほど!というコメントをもらったので紹介します。”筋トレ、洗車、通販より安い店への猫トイレ砂の買い物など、ちょっと面倒だと思って後回しにしたくなること、毎日の生活に溢れていますよね。そんな時なんとかやる気を出してそれらを片づけると、予想以上に「勝った」的な達成感が出ます。医学的にはホルモンのドーパミンが出ているとのことです。同時にドーパミンの過剰供給を抑えるセロトニンというホルモンも分泌され、僕がオチョウシ者になるのを防いでいるようです。長くなりましたがMy Ikigaiはドーパミンによるささやかな達成感に浸ることかな。「よくやった!」と自分を褒めるのも必ずやってますけどね。”というメッセージに、結構目からウロコ。というのは、わたしの場合、ちょっと面倒だと思って後回しにしたくなることは、やって当たり前で、逆に、やらないと、必要以上に「負けた」感に打ちひしがれる傾向あり。ぜひ、参考にしたいところ。ささやかな幸福感や達成感って、誰かに与えられるもんじゃないし、自分で見い出していくしかないですもんね。 関連記事:・アメリカ生活 幸せを感じる時間と自分の強み・アメリカ生活 幸せを感じる瞬間ってどんなとき?~時間を忘れた祖父母宅での夏休み ・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた ハイコンテクスト・ローコンテクスト文化 幸福感といえば、友達が、「幸せを感じるのは、美味しい物を食べてるとき」と言ってて、そのときは、「ほー、わたしは食べ物にはそんなにこだわりないからなー」なんて思ったんですが。今考えてみると、食べ物の味そのもの以外に、その場だったり作り手だったり、すべてひっくるめて幸せな時間ということはわたしにも当てはまるな、と。どんなに味が好みでも、ものすごい緊張感ある場だったり、不潔な場だったりしたら、幸せ~って思わないですよね。このように、彼女が言ったこと以外の、行間を読むコミュニケーションをする文化は、「ハイコンテクスト文化」。逆に、言葉どおりに受け取るコミュニケーションをする文化は、「ローコンテクスト文化」。先日買った「異文化理解力」には、このハイコンテクストとローコンテクスト文化について、国ごとの傾向が書かれていました。 なんと、日本は、最もハイコンテクスト文化だって。そして、最もローコンテクスト文化なのは、アメリカ。日本、ハイコンテクストだよなーとは思ってたけど、まさか1番ハイコンテクストだったとは!たしかに、平安貴族の和歌とか、直接書いてない内容を頭の中で自分で繋ぎ合わせなくちゃいけないですよね。 古文や漢文に限らず、現代文でも、「筆者の隠された思いは何か?」とか、「そんなの筆者に聞かなきゃ分からないでしょ!」と秘かに思いながら、テスト勉強してました。 学校では、長年に渡り、行間を読む訓練をさせられてきたんですねえ。そうやって、ハイコンテクスト文化は形成されたのかしらん。ぶつぶつ。そう言われて意識してみると、わたしも平安貴族なみに、自然に、いろいろはしょった発言をしてることに気づきます。例えば、今週木曜日の感謝祭のときにご一緒したピーターに、「スキーやスノボ―はする?」と聞かれ、 「小さい頃はしてたけど、今は、寒いからやらない。スキーより温泉がいいな」と答えたところ、 「ほー、温泉好きなんだ。」と、若干当惑気味の彼。日本では、豪雪地帯つまりスキー場の近くには温泉があることが多いですよね。(順番としては、温泉はもともとあり、そこにスキー場が作られたのか)わたしの母は、「ママはスキーはいいわ、温泉入って待ってる」と。この状況が共通認識できてる人たちの間では、「スキーor温泉」が成り立つけど、そうね、今住んでるモンタナは世界有数のスキーリゾート地だけど、温泉はない。ちなみに、温泉ネタだと、職場のモンテッソーリの同僚何人かから、わたしが日本人だと言うと、「日本だと、猿と一緒に温泉入るのよね?あなたも一緒に入った?」とおもむろに聞かれ、「は?猿?!」と、未経験のわたしには、なんのことだか分からず。 地獄谷がアメリカで知られてるとはつゆ知らず! 関連記事:・アメリカ生活 幸せを感じる時間と自分の強み・アメリカ生活 幸せを感じる瞬間ってどんなとき?~時間を忘れた祖父母宅での夏休み ・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた

アメリカ生活 日本語レッスンと感謝祭のメニューを決めた

この週末は、風邪っぽいのを治そうと、ずーっと家にいました。今日はうちで、日本語のレッスンをしました。先月、1月に日本に夫の仕事がてら旅行に行くので、10歳と13歳の息子たちに簡単な日本語を習わせたい、という問い合わせを受けてて。アリーはアーティスト、夫はBuckproductsというブランドでバックパックを作ってて、日本に販売してるそう。2時に、13歳の息子と2人でうちに来ました。北海道でスキーをして、大阪に行き、東京で1週間。挨拶とか簡単な日本語と、最近はもっぱら焼き物製作してるという話を聞いて、日本の焼き物について話したり。日本の後に、インドネシア、ニュージーランドに旅行するということを聞きました。パリやコスタリカに行った話もしてて、わあこの家族は、冒険家というか旅行家なのかしらん、とびっくり。 感謝祭(サンクスギビング)の料理を決めた 今週木曜日はアメリカの大きな祝日、感謝祭(サンクスギビング)です。関連記事:アメリカ生活 サンクスギビングに最難関だったヨガレポートを完成行きつけのスーパーで、期間限定で56,000円(400ドル)以上買い物すると、七面鳥をもらえるキャンペーンをやっていて、今年ももらえる!イエイ!関連記事:アメリカ生活 冬休み7日目クリスマスイブに七面鳥の丸焼きこさえてます 感謝祭当日の夜は、昨年お呼ばれした友達夫妻から、今年もお誘いを受けました。野菜のサイドディッシュを何か持って来て、ということで、何作ろうかなあ、と。しばし雑誌愛読してたレシピ本からバターナッツカボチャのキャセロールと、ヒヨコ豆の何かを食べたくて見つけた、ひよこ豆とナスのトルコ煮込み、に決めました。夫は、芽キャベツ炒めと、食パンを。(彼はマッシュポテトも作りたがったけど、友達から要らないと言われたので、なし)感謝祭まであと3日。風邪ひきこまないように気を付けます!(ついさっき、モンテッソーリスクールの主任の先生から、「みなさん、調子はどう?明日は予定通り出勤できる?」とチームメンバーに確認のメッセージが来ました。ほんと、風邪、流行ってますモンタナ。)関連記事:・アメリカ生活 サンクスギビングに最難関だったヨガレポートを完成・アメリカ生活 冬休み7日目クリスマスイブに七面鳥の丸焼きこさえてます

アメリカ生活 読書の秋エリンマイヤー「異文化理解力」を読んでアメリカ生活を振り返り

モンタナ、寒い日が続きます。先週はマイナス20度の中、歩いて通勤。関連記事:アメリカ生活 シベリアとどっちがあったかいんだろう?なんてインドカレー食べながらつぶやいた今日道路が凍結してるので、スノーブーツに、滑り止めのスパイクみたいのをはめてるんですが、左側のがいつの間にか外れてることに気づきました。とほほ。 アメリカだと、アマゾンも他のオンラインサイトも、手元に届くまで2週間くらいかかるんですよねー。さらに、郵便局の人材不足で配達が遅れることが日常的なので、ほんといつ届くのか、とほほほほ。関連記事:アメリカ生活 人不足で郵便配達来ない中、Ikigaiを読んでほっこり 読書の秋エリンマイヤーの異文化理解力の本を読んだ 何人かの友達から勧められてた、エリンマイヤーの「異文化理解力ー相手と相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養」を読みました。 英語の本で読んだんですけど、日本のタイトルの感じがちょい新鮮。英語だと、「The Culture Map: Breaking Through the Invisible Boundaries of Global Business」なので、「カルチャーマップ:グローバルビジネスの見えない境界を発見する」って感じかしら。 文化を図るために、8項目で、説明されてます。1.意思疎通の取り方:言語が重要/以心伝心で通じることが多い  →日本は以心伝心型ですね。空気を読むのも必須。  面白かったのが、著者がイタリア人の同僚に、彼女にとって重要なことを繰り返し繰り返し伝えていて、彼から、「十分理解してるから大丈夫だよ」と苦笑されたという件。なるほどねー。わたしのモンテッソーリスクールの主任の先生(アメリカ人女性)が同じことを繰り返し言ってくるのと似てて、ほほえましい感じ。2.良くない評価の伝え方:直接的/間接的  →日本は、非常に間接的だと。  これはちょい意外。    わたしの経験からすると、学校でも職場でも、先生や上司から、厳しい評価ってズバッと伝えられてたんですけど。    特に仕事だと、褒めまくるより、改善点を指摘するのが良き指導、みたいな感じだったので、ちょっと違和感あります。     時代??みなさんどうでしょうか?3.人を説得するには:理論がとっても重要/実際に起こってることのほうが重要  4.組織の構造:平等主義/階層主義    →日本は、階層主義。納得。    組織の構造とはちょい違いますが、アメリカのモンテッソーリで働いてて、5歳の子どもが70代の女性の先生を通りすがりにぶったり、言うことを一切聞かない態度にはイラっとしてました。5.意思決定の取り方:みんなの合意/トップダウン    →日本は、みんなの合意。納得。  わたしがアメリカに来て感じるのが、トップダウンが強いってこと。  一度上が決めたことは、有無を言わさず、守る。  日本だと、なんか決まっても、守る人と守らない人がいても、なんとなく許される、みたいな感じが多いような。(今は違うかもですけど、マスクとか・・。) 6.信頼関係の作り方:仕事は仕事/仕事以外にも人間関係を重視    →日本は、仕事以外にも人間関係を重視。納得。 7.異なる意見に対して:対立を好む/対立を避ける    →日本は、対立を避ける。納得。8.時間に対する態度:厳格/柔軟    →日本は、厳格。納得。さて、この本の著者はアメリカのミネソタ州出身で、アフリカで英語を教えたりして、フランス人の男性と結婚してフランスで生活しています。印象的だったのが、「桃とココナツ」で表されてる人間関係の築き方の違い。桃のように柔らかな(フレンドリーな)態度と、人間関係性の築き方は、まったく違う。アメリカ人やブラジル人は、一般的に、見知らぬ人にもフレンドリーな態度をとるけど、だからといってその人と深いつきあいをしたいとは考えていない傾向がある。つまり、一見桃のようでも、実際はココナツのように硬い殻で自分を包んでいる人も多い。これは、わたしがアメリカに来て感じることと重なります。 インド人のヨガ友達がいうところの、「アメリカ人は、表面的にはニコニコしてるけど、決して本音を出さない、スウィートカプセル。何を考えてるか分からない。」関連記事:アメリカ生活 「東洋の国」インドと日本はほぼ同じ?ヨガ仲間の名言 アメリカ移住して変わったのが、その場での会話や出会いに感謝するようになったんですが、ある意味、その場限りの会話でさようなら、という関係性でもあり。東京で生活してたときは、その場で話が盛り上がったりした人とは、連絡先を交換して、また会おう、みたいな感じが普通でした。関連記事:アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように気温は真冬だけど、11月ってことで、まだまだ読書の秋を続けます。関連記事:・アメリカ生活 シベリアとどっちがあったかいんだろう?なんてインドカレー食べながらつぶやいた今日・アメリカ生活 人不足で郵便配達来ない中、Ikigaiを読んでほっこり・アメリカ生活 「東洋の国」インドと日本はほぼ同じ?ヨガ仲間の名言・アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように

アメリカ生活 人不足で郵便配達来ない中、Ikigaiを読んでほっこり

モンタナ、郵便局が人材不足で、配達が毎日来ない今日このごろ。 ちなみにモンタナではレストラン、ファーストフード、スーパー、薬局とかもういろんな所で人材不足が日常的で、ネットではやってるってなってるから行ってみると、「人不足のため今日は休みです」とか「5時までの営業です」とか貼り紙が貼ってあることが少なくない。高級レストランでも、「人不足でメニューはこれしか提供できない」と、紙ペラ1枚を渡されたこともある。ずっとこの状態が続くのかしらん。(寛容な心)さて、昨日届くはずだった本「異文化理解力」、追跡してみると朝6時10分に最寄りの郵便局を出た、となってたけど、郵便配達の車が結局来なかった。 ちょい急ぎで読みたくて、この週末に読めると思っていたのだが!残念。日本でも、郵便局で人材不足で配達が毎日来ない地域ってあるんですかねえ。 「Ikigai」を読んでほっこりと。 気を取り直して、「Ikigai」を読みました。 全体的にほんわかゆったりとした内容で、楽しんで読めました。この本の中では、世界の中の5つの長寿の町のナンバー1に沖縄が挙げられています。1.沖縄(特に北部)/日本2.サルディーニャ島/イタリア3.ロマリンダ/アメリカ カリフォルニア州4.ニコヤ半島/コスタリカ5.イカリア島/ギリシャIkigaiとは、長寿に関連する4項目の1つ。1.健康的な食事:腹八分 (Hara hachibu)2.運動3.生活におけるなんらかの目的 (Ikigai)4.社会との結びつき沖縄の大宜見村の高齢者へのインタビューがのってるんですが、これがまたすごいほっこり。1.心配しない (Don't worry):道に出て通りがかりの人に挨拶するのが一番いいわね。私は毎日やってる。2.いい習慣を持つ:野菜を育てて調理する、それがわたしの生き甲斐。3.友人関係を育む:友達と一緒に過ごすのがわたしの生き甲斐。4.忙しくしない:一度に1つのことをやる。焦らないように。5.楽観的にいる:笑う。感謝。自分に毎日「今日も一日健康に過ごそう」と言う。以前沖縄に仕事で半年滞在してたときに定宿にしてた宿の経営者のおじちゃんと、泡盛飲みながら交わした戦中戦後の話を思い出しました。いつどこで死んでもおかしくない激しい爆撃の中、たまたま彼は生き残り。戦後は食料を得によく米兵の住居に中学校の同級生たちと忍び込んでて、最終的に捕まってやばかったんだけど、彼はとても小柄だったので米兵がすごい子供だと思って、彼だけ許されて返された。さらにその後、なんかアメリカ人に可愛がられて、バイトさせてもらったり、食べ物ももらえた。いやーラッキーだったよね、小さくてさ。と顔をくしゃくしゃにして笑って。で、中学卒業後は、もうなんでも稼げることならやって、漁師、タクシー運転手、工事作業。4人の子どもを全員東京や大阪の大学に行かせて、今、長男が戻ってきて警察官をやってる。と、笑いながら、淡々とすごい話を。そんな時代を生きのびて人たちからしたら、ほんと「Don't worry. 心配してもしょうがないでしょー」って感じなのかもなあ、なんて。関連記事:日本に帰国中 父も私も大好きな、戦火を生き延び強く明るく生きた太陽みたいな祖母のこと大宜見村のウェブサイトを見てみると、ばっちり「生涯現役!元気印100%の長寿村」と。英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語対応ってのも面白い。この本で紹介されてる日本語が結構印象的で、食事法の箇所で「腹八分」、レジリエンスの箇所で「七転び八起き」、「わびさび」、「一期一会」。一期一会は、わたしの場合日本では感じたことがなくて、アメリカに来てから初めて意識するようになりました。関連記事:アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするようにあと、思わず吹き出したのが、現代人がいかにストレス社会で生きてるかを説明してるところで、「洞穴に住んでた原始人 」と「現代人」を比較してる箇所。 「原始人」は、・ほぼずっとリラックスしていた。・非常に特定の状況でのみストレスを感じる「現代人」は、・ほとんどの時間働いてて、あらゆる脅威を警戒している。・24 時間オンラインであるか、携帯電話からの通知を待っている。ちょっと面白くないですか?「インターネットや携帯がない時代の人」と、「現代人」を比較するのではなく、「原始人」との比較ってのが、めちゃくちゃつぼにはまってしまったわたし。原始人も洞穴の場所によってはそんなにずっとぼーっとリラックスできなかったような気もしますが。特に夜に狼やハイエナがやってくる危険性とか。寿命短かっただろうし。もちろん、マルチタスクや携帯やメールが現代人を忙しくさせてるっていうのは、たしかにそうですよね。職場モンテッソーリスクールでは、教室内での携帯の使用が禁止されてるので、割と長時間デジタルデトックスできてて嬉しい。感じてなかったけど、これって精神的にいい影響あたえてるのかしら。だといいけど!関連記事:アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように

アメリカ生活 Ikigai読みながら、アーユルベーダの鼻うがいで身体と心のつまりを洗い流す

モンタナ、ビールを冷蔵庫じゃなく車庫に置いておいて冷え冷えな季節がやってきました!るるる~。一気に冬がおとずれ、先週は朝マイナス15度、日中最高気温マイナス5度。昨日の朝7時30分、職場モンテッソーリの庭がきれいだったので撮影。なんとも清々しく、体内に溜まった淀みが溶けだしたような。(希望?妄想?) 玄米カイロで汗ばみ、喉痛対策で鼻うがい(洗浄)を習慣化することに さて、今夜、夫の叔母さんから夕飯を誘われてたんだけど、木曜日から喉に違和感があるので、お断りしました。この喉痛の原因は、1つは職場モンテッソーリのクラスで、昭和時代の子どもみたいに青っぱな垂らした子たちやコホコホ咳してる子たちからなにかもらったか。(ちなみに、子供たちみんな鼻をかめないんだけど、最近って鼻はかまずに拭き取るだけなんですかね?)もう1つは、歩いて通勤中に手作りカイロで汗ばんでそのままにしてたからかしら。前は使い捨てのカイロを腰やお腹に貼り付けてたんですが、12時間使えるカイロを朝の通勤40分だけ使って捨てちゃうのがもったいないな、と。捨てずに使える代替品はないものか?とインターネットで調べたところ、玄米を電子レンジであっためるという方法を発見。今では毎朝、チンした玄米を小さなジップロックに入れ、ジョギング用の薄くて小さいウェストポーチに入れて使ってます。熱々じゃないものの、玄米があたってる背中あたりが汗ばんでるなんて、すごい威力。(これが不思議で、空気はめちゃくちゃ冷たいんだけどまさかの汗ばむという。)さて、喉痛を解消するにはなにをすればいいのだ?と、インドの伝統医療アーユルベーダのポッドキャスト聞いてて思い出した、インドヨガで実習した時にはこれはいい!と思いつつそれっきりにしてた、鼻うがい(というか洗浄)を習慣にすることにしました。(身体と心の淀みをすっきり洗い流そう。)関連記事:アメリカでヨガ 秋深まる中インドヨガインストラクターコース受講してます ヨガ講師トレーニング中に先生にもらって、その後引っ越しの時に捨てちゃった(先生ごめんなさい!)のに似てる鼻洗浄用のポットを注文。 昨冬はコロナかかったりそれ以外でも体調不良だったから、今年はがんばろう。関連記事:・アメリカ生活 急激な体力低下は太陽光不足かも・アメリカ生活 まさかのコロナ陽性! 読書の秋(モンタナは冬だが):生き甲斐ってなんだろう さて、そんな中、以前カリフォルニアの図書館で立ち読みした英語の本、「Ikigai - The Japanese Secret to a Long and Happy Life」を読み始めました。関連記事:アメリカ移住して変わったことは?本を買わずに借りるようになった 図書館おすすめ! インターネットで目にしたり、ヨガ仲間にIkigaiって知ってる?って聞かれたりはしてたんだけど、まともに読んでなく。先日、夫が知人に聞いて買って読了してたので、これは改めて読んでみようかな、と。 日本に住んでる2人の男性が書いた本なんですね。このIkigaiの前に、一期一会ってタイトルの本も出版してるって。(アメリカ移住してからというもの、一期一会という言葉に共感を覚えてるわたし。)関連記事:アメリカ移住して変わったこと 見知らぬ人との関わりを大事にするように 原作はスペイン語なんだー。ほー。っと、しょっぱなから、本のカバーの一番上に太字で書かれてる、"Only staying active will make you want to live a hundred years...

アメリカ生活 手作り肉まん食べながらポッドキャスト始めたくなった

モンタナ、初雪の後、意外と暖かい日が続いてました。 関連記事:アメリカ生活 モンタナ初雪、ジブリの「レッドタートル」に自然や生きるを想う が、今日、モンテッソーリで子ども達の付き添いで午後3時間外にいたら、途中から雪がぱらついたりやんだりのくり返しで、結構冷えてきました。 おそるおそる天気予報をみて見ると、来週からさらに冷え込み、木曜日は最高気温がマイナス12度!最低気温はマイナス18度!!がーん しかも今週来週、晴れ間なし。ふぅ。 今年は昨年みたいに体調悪くならないように、ビタミンDサプリを取る予定。関連記事:・アメリカ生活 急激な体力低下は太陽光不足かも ・アメリカ生活 まさかのコロナ陽性! こないだの日曜に、前からずっと作りたいと思ってた肉まんを、お友達の家で手作りしてきました。 これが、簡単なわりに、とっても美味しい! ほかほかで朝ごはんにぴったり。あと、前から作ってみたいシリーズとしては、おでんもとっても食べたいんだけど、練り物ってモンタナでは売ってないから手作りしなきゃで、作れてないけど、今度作ってみよう。 ポッドキャストを自分でやってみたくなった さて、いつからかはまってるポッドキャスト、まだ毎日もりもり聞いてます。 ポッドキャスト聞き始める前はYouTubeの動画をたまに見てたんだけど、動画だからアイフォンじゃ小さくて見えないのと、途中で広告が入るのがうっとうしくて、ヨガ以外ではまったく見てない今日この頃。 コロナの時に、学生時代のサークルの先輩が「ラジオを聞き始めた」って言ってて、「えーラジオ!ってどうやって聞くのこの時代に?!」とつぶやいてた時もあったけれど。 「今日は子どもが騒いでるので、外からささやき声でやってます」とかでも全然聞きづらくなくて、特別な機器を用意しなくてもいけそうなことを知り。 なんか、自分でやってみたくなった。1人で語るってより、2人で雑談風に気軽に進めるのがいいなあ、と、東京在住の友人にちらっと声かけてみたところ、乗り気で。イエイ。関連記事:アメリカ生活 ポッドキャストにはまった理由は居酒屋が恋しいからか雑談が恋しいからってのもあるけど、まあ、どんな感じになるか、楽しみ。目標は、11月中に開始。 冬だ、冬。家でできる楽しみごとをたくさん見つけたい! 関連記事:・アメリカ生活 モンタナ初雪、ジブリの「レッドタートル」に自然や生きるを想う ・アメリカ生活 急激な体力低下は太陽光不足かも ・アメリカ生活 まさかのコロナ陽性! ・アメリカ生活 ポッドキャストにはまった理由は居酒屋が恋しいからか

アメリカ生活 モンタナ初雪、ジブリの「レッドタートル」に自然や生きるを想う

天気予報が見事にあたり、土曜日の夜から雪が降り始めました。関連記事:アメリカ生活 やっと確定申告完成!そしてモンタナ来週初雪らしい今日日曜日も朝からずーっと雪で、最高気温1度、最低気温マイナス3度ですって。 先週は日中20度近くて半袖着てたくらいだったんですが、一気に冬突入! 本格的に衣替えをしなくては、と思いつつ、先延ばし中。テキサスの友人に雪の写真送ったら、テキサスは日中30度だそうで、改めて、アメリカの広さを実感。日本全土よりモンタナ州の方が面積大きいんですよねー。金曜朝の美しい朝焼け。 からの週末の初雪。 ジブリの映画を見ながら、自然や動物や人間、生きることに想いを馳せる さてそんな中、昨夜は久々に夫と一緒に、ジブリの「レッドタートル~ある島の物語」を観ました。 セリフが一切なく、自然の音だけで、きれいな海の環境映画風。小さな無人島での男女とその息子の3人暮らしで、外部からの情報もまったくない環境でのシンプルな生活を観ながら、今の自分と夫の生活を重ね合わせました。関連記事:・アメリカ移住して大きく変わったことは?夜の過ごし方編・アメリカ生活 モンタナ州立大学の図書館と眼科 ・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた大自然って、東京で40年数年間生活してたときには、海にせよ山にせよ森にせよ、旅先でちょろりと味わう、非日常的なものでしかありませんでした。その後、カリフォルニア、さらにモンタナに引越して、身の回りにビルや電車がなく、自然に触れる機会が多くなってはじめて、身近に感じる存在に。そういえば、先週モンテッソーリスクールで外遊びしてたら、すぐ近くをアメリカの国鳥、ハゲワシが悠々と飛んで行きました。ジブリに話を戻すと、登場人物同士の会話がなく淡々と進む映像を眺めながら、動物にせよ人間にせよ、「生きる」ってなんだろうね、なんてしみじみと。モンテッソーリスクールで、動物の写真付き本を子ども達と一緒に読んでて、何の気なしに、「動物って、というか、私たち人間も動物だけど」と付け加えたところ、「えー!人間は動物じゃないよ!!」と口々に反論されてびっくりしたことなんかも思い出しつつ。子どもたちって、ときに、まったく知らないことも自身満々に答えたり、突拍子もない嘘をついたりするのも面白い。「私たちは北アメリカに住んでますか?南アメリカ?」との問いかけに、声をそろえて、「南ー!」とか。地球儀見てて、「私たちは今どこにいる?」との問いかけに、アフリカ大陸を指して、「ここー!」とか。「私は、この小さい島、日本から来たんだよ」と言うと、「僕も!」とか。「私のお父さんは2年前に亡くなったの」と言うと、「僕のお父さんも死んだんだ」とか。(彼の父はつい1時間前に元気に送りにきてた)関連記事:アメリカ生活 モンテッソーリスクールの3歳男の子との面白会話このなんとも屈託ないちびっこ達が大人になったときって、どんな世の中になってるんだろうか。ヨガの先生がことあるごとに言ってる、「変わりたくない、今のままでずっといたいなどと思っても、身体の全細胞は常に変化していて止めることはできないので、変わらないってことはあり得ない。そのことを受け入れなくてはならない。」とか、日本円安があれよあれよと進んでるのも目の当たりにし、つくづく、そうだなーなんて。自分でコントロールできることって、わずかなことなんですよね。ぶつぶつ。 関連記事:・アメリカ移住して大きく変わったことは?夜の過ごし方編・アメリカ生活 モンタナ州立大学の図書館と眼科 ・アメリカ移住して変わったこと ささやかな幸せを感じる瞬間がふえた ・アメリカ生活 モンテッソーリスクールの3歳男の子との面白会話

アメリカ生活 やっと確定申告完成!そしてモンタナ来週初雪らしい

モンタナ、紅葉まっさかり!日中17度と暖かい陽射しの下、近所を散歩してきました。 さてさて、やっとアメリカの確定申告書の作成が完了しました。ふぅ。最終締切り日は、明日10月17日月曜日。(税理士さんよ、どうかどうか明日ちゃんと提出してくれー)確定申告書の作成と提出を税理士に頼んでて、データを先方に送ったのは今年日本帰国中の2月。関連記事:アメリカ生活 コロナ結果証明書でひと悶着あったものの無事に日本入国アメリカの今年の確定申告の締切は4月半ばですが、税理士からなんか勝手に「延長申請を出しました。」という連絡を受けました。は?どういうこと?ちゃんと期限前に提出してくれよ!と思いつつ、まあいっか、と。(アメリカナイズなのかアメリカ生活で必須の”あきらめ寛容”スキル) 税理士は日本人なんですがね。 関連記事:アメリカ移住 大人になっても変わるもんだ:アメリカナイズしたなあと感じることは?スーパーで卵の殻を・・夏に入ってから、なんども、「作成状況いかがですか?」というメールをしつこく送るも、返信がきたりこなかったり。やっと9月半ばに、「作成が終わり、レビュー中です」という連絡が。その後さらに再三に渡り催促し、「作成が終わったので確認をお願いします。」というメールがきたのが10月5日。どんだけギリギリなのか?と、その場でざっと目を通して、何点か確認と質問をし、その返信が来たのが14日金曜日!しかもその回答が矛盾してて、なにが真実なのか(いやいや嘘でしょこれっていう)不信感。信じられないレベルの仕事の仕方に、呆然。昨日さらに何度か修正依頼を出して、やっと最終版ができあがりました。若干内容に疑問ありなんですが、もうとにかくなんでもいいから、明日の期限日に提出してくれー! 100%心爽やかになれない理由-ヨガの古典クラスとモンタナに冬が来る そんなこんなで心を落ち着かせるために、今朝はお風呂に入り、ヨガの先生の動画見ながら爽やかにヨガしました。 が、確定申告よりぐっとマシですけど、ヨガでもちょっと100%爽やかになり切れない理由があり。先月、ヨガの先生から半年ぶりくらいに、「上級者向けのコースに参加するのに相応しい時期かも!」「なんか貢献してちょ!」という連絡を個別に受けてて、さんざ迷った挙句、とりあえず先週登録したんです。関連記事:アメリカ生活 インドヨガインストラクターコース(RYT200)やっと完了!そして先週から始まったのが、インド哲学の1派、サーンキヤ学派(なんですかそれ?!)の学説が書かれた、「サーンキヤ・カーリカー(古典サーンキヤ体系概説)」という、4世紀ころの古典書を読むというクラス。むむー。聞くだに難解。共有された資料は、メインがサンスクリット語で、下に英訳があるもの。↓見るだに難解。翻訳された英語を、日本語にGoogle翻訳してみると、「3種類の痛みによって引き起こされる苦痛から、それらを終わらせる方法を探究したいという欲求が生じます。 目に見える手段が存在するのだから(問いかけは)不必要だと言われても、そうではありません。 なぜなら、(目に見える手段の場合)確実性(手段の場合)と永続性(痛みの場合)がないからです。」これ、本の1ページ目ですけど、おもむろに”3種類の痛み”とか言われても、まったく意味が分かりません。さすがインド哲学~。るるるる~。先生サンスクリット語大好きっ子だし、サンスクリット語と英語半々でクラスが進められてるのは間違いなく。どうしたもんかねー。ぶつぶつ。さらに、天気予報によると、来週土曜日に初雪。ついにモンタナに冬がやってくる。 あーそうだ、インド人の知恵に、「寒さに強くなる方法」と「冷え性を改善する方法」について、質問してみよう、そうしよう。 関連記事:・アメリカ生活 コロナ結果証明書でひと悶着あったものの無事に日本入国 ・アメリカ移住 大人になっても変わるもんだ:アメリカナイズしたなあと感じることは?スーパーで卵の殻を・・
- Advertisement -spot_img

Latest Articles