アメリカでサーフィン 意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。

20
アメリカでサーフィン 意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。

今朝は、久々に、サーフィン!

浄化してきました~。

海に入って波待ちしていると、なんというか、身体にたまってしまったよどみを、自然の中に放出するという感覚。

昨日は近所のトレッキングコースで2時間歩いてきましたが、からからからからとものすごく乾燥した土地なので、自然と触れ合うという感じは若干持ちにくい。

(なんて、贅沢ですね。はい。東京に住んでいたときは、トレッキングしようと思ったらそれだけで一日がかりでした)

海は、違いますね。
尊敬する葉山の鍼灸師のトーマス先生のおっしゃるとおり。
http://www.einklang.com/selfcare.htm#%E6%8B%99%E8%91%97%E3%81%AE%E4%BE%8B

(って、まだ先生には1回した診てもらえてないんですけど、素晴らしい施術だったので本を買って読みました)

関連記事:今年の目標の「腰痛改善」について調査開始:なぜ呼吸が大事か腹に落ちた



アメリカ生活 サーフィンってなんだ?

アメリカでサーフィン 意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。

ここでのサーフィンって、海だけでなく、ひょこりと顔を現すイルカやオットセイ、海の上を飛んでいる鳥や鳥の群れ、魚たちと自然を共有する時間。

(今日は、パドルして沖に向かっているときに、でかい鳥が私の真正面から海面すれすれに飛んできました。勝負を挑みましたが、負けて、頭をすくめました。チェッ)

日本でもサーフィン楽しんでましたけど、それはもっと、「何も考えずに目の前の波に集中することが楽しい!」みたいな、マインドフルネス的なものに惹かれてました。

今日は、波はそこそこでしたが、そのおかげで駐車場も海も空いていて、天気もよく、気のおけないサーフ仲間たちと、空腹で耐えられなくなるまで海と戯れました。
(途中でこっそりおにぎり食べたけど。
この燃費の悪さ、どうにかならないもんか。)

意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。

アメリカでサーフィン 意識してみると、見えてくる。意識しないと、見えない。

乗れればいっか、という、頭を使わないサーフィンを楽しんできましたが、なんか周りの研究熱心(というか、それが普通なのかしらん)な仲間に、やっと影響されてきて、今は絶賛いろんな形とサイズのフィンを試し中。

今まで、フィンの働きとか違いなんて全く意識してなかったし、しようとも思ってませんでした。

が、これがまた、意識してみると、全然違う!

人間関係でもそうですけど、意識して色々見てみる、感じるようにしてみると、いろいろなことが見え感じられるようになる。

意識してみると、今までまったく見えなかったことやものが見えてくる。

私は基本的にぼーっとしているので、まだまだ磨く余地はあるので、この先何が見えてくるのか、楽しみ。

見えてる人から、どんどんヒントをもらって、磨いていこう。

 

関連記事:今年の目標の「腰痛改善」について調査開始:なぜ呼吸が大事か腹に落ちた