アメリカ生活 人の転機はそれぞれだなあ~と目を丸くした瞬間

41
人の転機はそれぞれだなあ~と目を丸くした瞬間

最近知り合った日本人男性のKさんから、なんか久しぶりに心底驚く話を聞きました。

もともとは、私的に、彼が今やっている仕事にとっても興味があり、情報交換がてらランチすることに。
仕事の話をお互いにいろいろと話してました。

すると、少しして、「今は諸事情によりこの仕事をしているけれど、本当は他に絶対にやりたい仕事があるんです」と。

え?そうなの?なんだか、その“絶対”という言葉が気になって、「え、そうなの?今の仕事もやりがいありそうだけど。」と言うと、

「ナイキで働きたいんです」と。

ほぇ~。ナイキ!それはまた意外。
今だって革靴履いてるし。
アメリカのこの地域で初めて見たくらいのシティーボーイ風で、かっこうも雰囲気もスポーツ(というかナイキ)とは結びつかないいでたち。

今30代のKさんは、お父さんの仕事の都合で、10歳の時にアメリカに来て、2年間過ごしたそうです。その町には、日本人は1人もいなくて、というよりアジア人がいなくて、黒人と白人が半々でした。
そんな環境に突然入らなくてはいけなくなり、もうとにかく大変。

学校の生徒はもちろんのこと、町の人達もアジア人をほとんど見たことがなく、「なんだこいつは?」と遠巻きにされるのを感じたそうです。

授業も何言ってるのか分からないし、もっと最悪だったのが休み時間やランチ時間。
食堂のおばさんおじさん達も、親切のしの字って何?って感じで、ランチを買うのにも嫌な思いをしてました。

英語は分からないし、コミュニケーションの取り方もそれまでの日本でのものとは違い、どうしてよいやら分からず鬱鬱する毎日。
分からない自分にもイライラして、とにかく辛い毎日だったそうです。
(しかし、ほんとに海外移住って大変。子供はすぐに順応するからいいわね~というのは嘘ですね)

そんな中、転機が訪れました。
それは、ナイキのスニーカーを履いた瞬間。

「強くなれた!」「強くなった!」という感情がふつふつと湧きあがってきたそうです。

なぜナイキかというと、学校でかっこいい上級生が履いているのを見て、どうしても欲しくなり、親にねだって買ってもらいました。
生まれて初めて、すごく欲しいと思った物。

その後、ぐっと自信を持てるようになって、得意だったスポーツを通じて友達を作っていけたそうです。

ほ~。そうか~そういう経験をすることってあるんだね!!!と、目を見開いてしまいました。

確かに、物って、単なる物体だけではなく、人の想いとかなんかの象徴だったりもしますけど。
自分にとって転機となるような、そんな経験はしたことないし、そういう経験をする人がいるということも知りませんでした。

やっぱり、たまには、身近な人以外ともコミュニケーションしてみると、驚きの発見があるな~。