アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座を無事修了

60
アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座

私が住んでいるアメリカのコミュニティカレッジの、2018年度秋と冬の2セメスター(6か月)オンラインの英語講座を無事修了し、証書をもらいました!イエイ!

このプログラムは、州が無料で提供してくれています。

オンラインの英語講座って、今回初めての受講で、そこまで期待してなかったんですが、想像以上にものすごい充実してました。

正直、最後までやり切ろう!とか、証書をもらおう!とかまったく思っておらず、なんとなく続けられたのは、内容が素晴らしかったからの一言に尽きます。

先生、ありがとう!



コミュニティカレッジのオンライン英語講座の説明会で一番魅力を感じた点

アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座

オンライン講座を受講するには、説明会への参加が必須でした。
州が決めたルールにより、登録者の数が少ない場合、開講されないようです。

説明会で説明を聞いて、まず驚いたのが、「ライティングの課題は、すべて個別に添削して返却する」という点でした。

これまで何度か受講していた、通学形式の授業では、宿題が出されたことはありませんでした。
先生が添削してくれる、ということは皆無でした。

自分で書いた英文を先生が添削してくれるというのは、とっても魅了的!
それにしても先生の労力、すごい~~

アメリカのコミュニティカレッジが提供するオンライン英語講座の内容はこんな感じ

アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座

オンライン英語講座の内容は、こんな感じでした。

・ライティング:自己紹介文を書く、ビジネスメールを書く、画像に関する説明文を書く、マニュアル作成
・発音:自分の発音を録音してサーバーにアップすると先生がコメントを付けてくれたり参考になる動画を紹介してくれる
・モチベーション維持:毎週木曜の7時~8時に任意参加でオンラインミーティング。ここで、課題の説明や近況報告など。
・単語:オンラインゲームやフラッシュカードを使って新しい単語を学ぶ
・プレゼンテーション:1人5分でプレゼンテーション。ビデオミーティングで発表し、その場で先生や生徒からフィードバックを受ける

オンラインだと、継続するのがなかなか難しいですよね。
(ま、私の場合、通学形式でも継続するのは難しいですが・・。)

で、課題を終わっても終わらなくても、とにかく毎週木曜日のオンラインミーディングには参加するようにしました。
ここで、先生や受講者と話したりすることで、どうにか最後まで続けることができました。

オンラインミーティングも、数回すると、参加者が固定されてくるので、顔見知りになってきます。
受講者は様々で、地元のIT企業で働いてる人、ウェブデザイナー、アートの先生、軍で働いてる人、就職活動の人などなど。

オンライン英語講座で一番役に立ったのは?自分の発音を聞いたこと

アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座

一番役に立ったのは、自分の発音と話し方を録音して、聞いたことです。
まあ、最初は、あまりのひどさに衝撃を受けました。

まず、声が変過ぎる!!
なんだこの鼻声は!自分のイメージとはかけ離れた声で、目玉が飛び出しました。

発音というか話し方が、なんというか、爪が甘い!
ダラダラダラダラ~っとしてる。
煮込み過ぎたじゃがいもみたいな、トロ過ぎる。

もっとれんこんのようにシャキシャキ話したい!!!

最初のうちは、あまりの嫌悪感を覚え、何度も録音しなおしたり後回しにしてアップしてました。
が、段々、課題量が多すぎて、もう声質とか嫌悪感とかは置いておいて、発音のキレだけを意識してガンガン提出できるようになっていきました。

発音や話し方がよくなったかどうかは自分では分からないもんですが、先生のコメント的には、「あら上達したわね!」と言われたので、まあ少し上達したのかもしれません。

じゃあ、日本語の発音はどうなんだ?
むむう、割と早口だけど、口先だけでダラダラ話しているような気がします。
アメリカ生まれの子供たちに勉強を教えてるので、日本語の話し方は良くないといけないですよね・・。

日本語も録音してみようと思いつつ、まだやってません・・。

アメリカ生活 コミュニティカレッジのオンライン英語講座を無事修了 まとめ

1.コミュニティカレッジのオンライン英語講座の説明会で一番魅力を感じた点
2.アメリカのコミュニティカレッジが提供するオンライン英語講座の内容はこんな感じ
3.オンライン英語講座で一番役に立ったのは?自分の発音を聞いたこと