アメリカ生活 やったあ車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月目

39
アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月

車の運転免許の実技試験に合格しました~!イエイ!

これは、嬉しい!し、驚いた!!

朝9時頃試験が終わって、そのまま車の中で、30代前半位のばっちりメイクした女性教官が淡々と、フィードバックメモを読み上げてました。

まったくニコリともせず、「スピードが遅かったわね、特に住宅地に入ってからの。」などなど。

周りの友達や同僚は、2回とか3回とか落ちた経験がある人が多く、まあ1発合格はできないだろうなあ、ともともと思ってたし、イマイチな出来だったし、9割方落ちたなーと思いながらぼーっと聞いてました。

(アメリカで免許取るのって楽勝ってイメージ持ってる方が多そうですが、実際は結構苦労してる方います)

ところがなんと、最後に「試験は合格」と無表情でぽつっと言われ、

「えーーーーーーーーーーーーー!!!合格?!ほんとに?私は合格したの?!」

「そうよ、合格。中で手続きしてね」淡々。

「おー!ありがとうーーーーーー!」と俄然テンション上がって感謝感激。涙

(まじか、スピード制限が35マイルの道で、ついうっかり39マイル出してしまったのは気づかれなかった!ラッキー)



試験直前、どしゃぶりの雨嵐で道路に水が溢れ流れる中、練習しました

アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月

先週から毎日雨が降り続いていて、試験日の2月5日も天気予報では雨でした。ガーン。
で、雨の中での運転練習もせねば、とお友達と、2日(土曜)の午後どしゃぶりの中、最後の練習をしました。
(ほんとにもう、彼女には一生頭が上がりません)

東京だと、まあ雨って大歓迎ではないけど、まあそこまでびびることはなかったです。
が、私が住んでいるアメリカの地域では、雨が降ると、ものすごいことになります。

ふだん雨がほとんど降らないため、道路も店や家の作りも、何もかもが雨が降ることを想定した作りになってない。

例えば、スーパーやレストランなどが入っているモールでも、店舗と店舗の間の通路に屋根がないことが多く、みなさんずぶぬれに。
知人の家は、ちょっと雨が降ると浸水してきて、物が濡れてしまう。
道路は、ちょっと雨が降ると水はけが悪いため、水が溜まりまくる。

こないだ車練習してたときは、高さ10センチ位の水たまりがあちらこちらにできていて、道路中に水が溢れてました。

さらに、住んでる人達も雨に慣れていないため、道路に水が溢れまくっていたり、路面がすべりやすくなっているのにも関わらず、それに気づかず(?)いつもと同じスピードで100キロとか120キロとか出してがんがん運転してます。
もちろん、交通事故が多発・・・。

アメリカでの車の実技試験 集合から開始まで

アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月
さて、試験日は予報どおり朝から激しい雨。
友達が7時30分に迎えに来てくれました。

8時20分に予約していて、8時に到着したら、全く待たずに1番に受付できました。
「1」と書かれた紙を持って車で待っていたところ、すぐに試験官が来ました。

若い白人女性で、英語が早いし口開けないで話すから聞き取りにくい。

外から、方向指示器とか、ワイパーとか、ブレーキランプとかを操作するよう言ってるけど、雨風の音に紛れちゃってイマイチよく聞こえんな~ぶつぶつ。

まあもう仕方ないや、なんとか、かちゃかちゃと操作してみました。

さて、出発進行。

アメリカでの車の実技試験 車線変更

 

アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月

駐車場から一般道に出て、少ししたところで、「車線変更して」と指示が。
んが、右車線を見ると、2台車が来ていて、車線変更できませーん。

ちょっと待ってみたけど、彼らもゆっくり走っていて、無理そうだったので、勝手に方向指示器をいったんオフにして、次の機会を待とうと直進してました。

すると、教官が、「車線変更よ」とこっちを見ながら言うので、

「え、ここで?でも右車線に車がいるけど、OK?」と心底驚いて、聞くと、

ちょっと後ろを振り返って、「そうねえ、大丈夫よ。」と言うので、しかたなく車線変更しました。(この時点で、おいら試験落ちたんじゃないかなあ、とあきらめモード)

さらに、車線変更時にスピード加速したため、制限速度35マイルの道で39マイル出してしまつた・・
試験でのスピードはかなり厳しくて1マイルでもオーバーしたらアウト、って聞いてました。
(あーあー まあ、次回への練習ということで、気を抜かず集中するか~ ぶつぶつ)

さりげなくかつ大慌てで減速し、その後、もうとにかく、スピードは出さずに行こうと決めました。

アメリカでの車の実技試験 路肩に止める→バック

アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月

住宅地で、路肩に止めるように指示されました。
これが、私の中での最難関。

路肩から目標30CM以内に止めなくちゃいけない。
(試験では45cm以上はアウト。タイヤが縁石に少しでも当たるとアウト)

「OK」

え、まだ寄り切れてないんだけど?まあ、OKって言うからもうここで止まろう。
ドア開けて縁石からの距離をチェックするんだと思っていたら、しない。

一旦完全停止して、バック。
雨だったから、ドアを開けるのが面倒だったのか?!(ラッキー)

雨でやだなーーーとばかり思ってましたが、結果的には、雨だったからラッキーだったかも。
速度が遅かったのも、雨だったから大目に見てもらえたような気もする。

(ま、そもそもスピードオーバーしてたのに気づかれなかったのはほんとにラッキー)

アメリカ生活 車の運転免許の実技試験に合格!渡米2年3か月 まとめ

1.試験直前、どしゃぶりの雨嵐で道路に水が溢れ流れる中、練習しました
2.アメリカでの車の実技試験 車線変更
3.アメリカでの車の実技試験 路肩に止める→バック

関連記事:
アメリカ生活 運転免許を取るべく練習する、までの経緯
アメリカ生活 やっとこさ運転免許の筆記試験に合格!巨大バーガーでプチお祝い