絵が描けない私が少しでもマシなブログデザインにするために買った本でおすすめ

66
絵が描けない私が少しでもマシなブログデザインにするために買った本でおすすめ

絵を描くのが好きだったり、絵が得意な人にとーーーーっても憧れます。
旅行中に絵日記をつけるとか、絵葉書を描くとか、想像するだけで萌えます。

もう、どっかおかしいんじゃないか、ってくらい、絵が描けない私。
(絶対どっかおかしいんだと思います。)



どんだけ絵が描けないか振り返ってみると

 

絵が描けない私が少しでもマシなブログデザインにするために買った本でおすすめ

学生時代に、より目になるほど真剣に書いた猫のイラストを、先輩に、ギャグで描いたと思われて、迷いなく大爆笑されました。

「あはははーーー!すごいね~このイラスト。(大爆笑)で、これってどんなネタなの?」

「え?!すっごい真剣に書いてみたんですけど・・。ネタってどういう意味ですかね?」

「またまた!」
「・・・・・・え、これ、ギャグで描いたんじゃないの?まじで?!」

普通レベル以上に絵が描ける人って、”絵を描けない” ってことを理解できないんですよね~。

私が、“空中逆上がりができない”ってことを理解できないのと同じ感じで。
(幼い頃鉄棒が得意だったんですが、昨日30年ぶり位に空中逆上がりをしてみたところ、相変わらず100回位できました。←絵が描けなくて悔しいから違う分野で自慢させてください)

 

ブログ始めようとしたときの懸念事項は・・なんといってもデザイン

 

真剣に書いた絵を大爆笑していただいた経験をきっかけに、場をなごますために、会社の電話メモなどにガチ猫イラストを書くようになりました。

例外なくみなさん、私のイラストを見て「ぷぷぷ」って笑ってくれました!イエイ

(なんなんだ、なぜこんなに絵が描けず、色のセンスもまったくないんだろう・・。ぶつぶつ)

絵心ゼロなんですが、美術館やギャラリーで絵やアートを見るのは大好き。
なんで、いざブログを始めることにしたときにまず懸念したのは、「自分で見たくもないブログデザインにしたくないなあ・・・」ってことでした。

さてさて、デザインどうしたらいいか・・?

もはや、すごいちゃんとした“デザイン”をいちから学ぶのとか、もう今生では間に合わない。

 

デザインセンスがない方におすすめしたい本

 

少しでもコツを掴めないかなあーと藁にすがって買った本がとってもよかったのでご紹介します。

 

「ノンデザイナーズ・デザインブック」

この本の一押しポイントは、“活字でデザインする”方法が詳しく書いてある点。

字のフォントの使い方や、字の配置方法、インパクトの出し方、などなど、猫の絵をまともに書けなくても、“字”を活用するだけでなんとかなる方法を学べます。

良い例悪い例のサンプルがたくさん掲載されていて、かなり実践的。
(アートやデザインに関する抽象的な説明を理解してからブログ始めるとなると、1000年かかっても足りない)

ブログに限らず、紙ベースのイベント告知や、パワーポイントのプレゼン資料、研修パンフレット、などを作成する際にそのまま活用できそう。

数年前、東京でそんな物たちをうんうん悩みながら自己流で作りながら、「ああ、絵心やセンスが欲しい!」「なんだ、この色の組み合わせは・・でもどうすれば良くなるか分からん!」と夜な夜なぼやいてたんですが、この本を知ってたら、もちっと気の利いた物が出来てたはず。

 

いまはブログデザインより記事書くことに集中しろよって段階なので、もっともっとじっくり読んでブログデザインに活用できる日を楽しみにしてる今日この頃です。

【今日のおすすめ本】

絵心ゼロでも、字を工夫すればセンスアップできるコツがつかめるようになる本です。
ブログのデザインだけでなく、プレゼン資料や、イベントのチラシ、各種パンフレットなどを作成するのに、「センスあればな~」って悩んでいる方にとってもおすすめです。