アメリカ生活 2023年の振り返り「深」

41
アメリカ生活 2023年の振り返り「深」

先週から職場モンテッソーリ園は冬休みです。

以前からちょっとだけ考えていた、このブログをNoteに移行し始めました。

https://note.com/mkbz/

投稿した文章自体はインポートできたので楽チンだったんですが、画像とか文章中に貼ったリンクは手作業で修正が必要で、かなり時間がかかっています。

2023年の振り返り

さてさて、2023年の振り返りをしてみようと思います。

今年の漢字1文字は、「深」でした。

その思いは、自分の知識、仕事の業務、人との関わり、社会との繋がり、などなど、いろんなことを「深めて」いきたいなあ、と。

関連記事:
・アメリカ生活 新年早々1月3日:父の誕生日、叔母の死、合同会社設立、ポッドキャスト開始、&2023年の漢字1文字「深」

全体としては、コロナもひと段落し、大きな怪我や病気もせず、平和に過ごせました。

新しく始められたこと
・ポッドキャスト「Yes,Andですべてはうまくいく~心を軽くするコツ」週に1回配信

・家庭菜園(トマト、バジル、オクラ、小松菜、ルッコラ、水菜、壬生菜、金魚草、コスモスなどのお花)

・異文化コミュニケーションの講師業

〇「深」められたと思う点

〇仕事面:
・一緒に働くのが2年目の主任の先生と、同僚との関係性
  例)自分からこまめに話しかけたり、テキストメッセージに返信したり

・クラスルームのマネジメント(スケジュールとか子どもと過ごす以外の細々とした業務)を積極的にかってでた(というか勝手にやり始めた)

〇自分自身
・職場で子どもたちに教えていた裁縫を、家でカーテン作りに発展。満足。

・保育業務に役立つ知識を少し学んで使ってみた
  例)共感する力

・ポッドキャスト配信し始めてから入会した、五戸美樹先生のオンライン話し方教室を継続

・夫の話を聞く姿勢が向上したと感じる

・毎日ヨガをやることができた。満足。

▽「深」められなかったので2024年へ持ち越しすること

・モンテッソーリの業務に役立つ知識の体系的なインプットができなかった感あり
   いろいろ興味はありちょっと調査したものの、これというプログラムが見つけられず。
 今ちょっと気になってる講座「Mindfulness, SEL, and Yoga Teacher Training」のウェビナー説明会に参加するつもり。

・日本にいる母や、母の世話を一手に背負っている妹との関わり
  こちらは、日本に帰国しない限り難しい。来年3月に3週間帰るものの。

・職場で、子どもたち1人1人ともっとちゃんと会話したり、何か教えたりしたいな。

・近い将来日本に本帰国することにしたので、日本での住処、仕事・仲間探し

 

まだ2024年の漢字1文字は、迷い中です。

みなさんの2023年はいかがでしたか?