アメリカ生活 日本入国後のホテル隔離最終日

401
アメリカ生活 日本入国後のホテル隔離最終日
Pocket

無事日本に戻ってから、ホテルで3泊4日隔離。

関連記事:アメリカ生活 コロナ結果証明書でひと悶着あったものの無事に日本入国

羽田空港からバスで数分の、新しくてきれいなホテルでした。

ベッドはクイーンサイズでマットも硬めでいい感じ。

さらに、たまたま10階の部屋で、窓からの眺めも素敵ではないですか。



さて、ホテルに20時に着いてから少しして、夕飯を配るという館内放送が流れました。

「ドアにかけられたお弁当を、マスク着用して、ドアに挟まれないように気を付けて、お取りください。」と。

”ドアに挟まれないように気を付けて”というのを聞いて、あー日本だなー!!としみじみ実感。

アメリカで、他人にこういった注意事項を言われた記憶がないんですよね。(というか、英語が聞き取れてないという可能性もありますけどね)

Wifiも、隔離ホテルによっては入りにくいという情報を聞いていたのですが、比較的ちゃんと繋がるようで、ほっ。

軽く打合せZoomしたり、友達と電話で話したり。

時差なく話せるのは、らくちんですねえ。

食事は、配布されるお弁当はおしゃれで健康的でいいんですが、量が足りないのと、無性にヨーグルトが食べたくて、出前館でデリバリーしてみることにしました。

結局この隔離中に、ラッシー8個とオレンジジュースとマンゴジュースを飲みました。

あと空港で買ったコーヒー飲料のペットボトル2本もだ。

血糖値上がったかしら・・。

ホテルの廊下には見張りの人が立ってることもあり、文字通り1歩も外に出ませんでした。(出る気もなかったですが。)

1日中部屋にいるのが意外と全然つらくなく、すんなり最終日の今日を迎えました。

今朝は、7時の「今からコロナ検査キットを配ります。」という館内放送で目覚めました。

検査して、朝食を食べ、お風呂に入り、テレビでウクライナ情勢を見て、昼食を食べ、楽天で靴下を注文し。

ここで、妹から、「荷造り早めにしといたほうがいいよ、30分後に出発します、って感じらしいよ。」という驚きのアドバイスをもらい、いそいそと荷造り。

その後、14時に室内の電話が鳴り、「検査結果が出て、陰性でした。今から1階に降りてきてください。バスで空港に向かいます。」という、30分どころか、今すぐ来いコールが!

あーほんとに事前に準備しておいてよかった。

ホテル出て、空港までバスで運ばれて、集合させられることもなく、なし崩し的に解散。

え?きょろきょろ。公共交通機関使っちゃだめって言うわりには、京急乗り場の目の前で解散って・・。

ほんとにありがたいことに義弟が空港まで車で迎えに来てくれて、颯爽と葉山に向かいました。

関連記事:
・アメリカ生活 コロナ結果証明書でひと悶着あったものの無事に日本入国

・アメリカ生活 夫の叔父がコロナで亡くなり、からの日本帰国に向けたどたばた準備